YOLO

Fitness & Sports

ストレスに強いしなやかな心って何? トレーニングで得られる5つの「ココロの柔軟性」

1.意志力

トレーニングに規律を持って取り組むことで、心にも規律が持てるようになります。オーストラリアの科学者が、2カ月にわたるプログラムに取り組んだ被験者の行動がどう変化するかを調べたことがあります。その結果、衝動買い、喫煙、飲酒、カフェインの摂取、ジャンクフードの摂取、人との約束を果した割合、人に親切にする頻度などのうち、好ましい行動が増え、好ましくない行動が減る傾向が顕著で、著しい改善が見られ、意志力、自制心の向上が見られたとしています。一方、プログラムを取り組まなかったグループでは、そうした変化はなく、結論として、運動を習慣化すると意志力が得られるとしたそうです。

 

2.達成マインド

なるべく低めのゴール設定で、それを何度も達成していくようにすると成功体験がどんどん増えるようになります。それが達成マインドを育てます。これによって前進の原動力になり、頑張りすぎることを避けられます。達成した先にご褒美を用意するのをお忘れなく!

 

3.自信がつく

トレーニングを習慣化するには、トレーニングと喜びを結びつけること。素敵なトレーナーに会えるとか、大好きな曲はこの時だけしか聴かないなど、毎回、何かの喜びがあると続くようになります。そうやって続けていき、トレーニングで変わっていく自分を確認することで自信がわいてくるはず。

 

4.脳力アップ

新しいことにチャレンジすると、脳内のシナプスを通じて、ニューロンが活発に動き出して新しい結合を生み出します。これによって神経伝達物質の働きも盛んに。これは脳の働きが活発になるということ。仕事や家事の効率を上げることができるようになります。

 

5.自己承認

大きな成果は、自分を認められるようになること。トレーニングを続けることで、小さなゴールをクリアし続け、変わっていく自分を知り、仕事や家事の効率もアップしていく見つめていくことで、自分のことを信じられるようになります。それが自分に承認を与える理由に。そうなると、ストレスに負けない強さを身につけ、落ち込まない心を育てることができるようになるのです。

 

ライター:大嶋朋子(Lotus8)
出典:Training for Woman・Vol.1/「トレーニングが育てる“しなやかな心”レジリエンス」
監修:三浦将(人材育成・組織開発コンサルタント/エグゼクティブコーチ)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE