YOLO

FITNESS & SPORTS

生理って面倒…?いえいえ 成果を出すチャンスなのです

生理中は前半と後半で内容を変える

トレーニングをしていると、生理時の運動量、考えちゃいますよね。お腹は刺激しないほうがいいのかな、とか。貧血にならないかな、とか。実際どうなんでしょうか。

生理期間中は、出血によってタンパク質を失いながら過ごしています。最初の1日半ぐらいは血液を排泄するために、子宮内膜を収縮させる作用が起こるため、痛みが出るなど、体調が悪くなることも。だから、さすがにこの時期は頑張らないほうがいいんです。

ただし、血液を失って体がむくみやすいので、軽いストレッチをすることで、滞りを流すようにしましょう。生理の後半は、前半の子宮の収縮によって起こった骨盤内の冷えや、骨盤の血流の悪さを解消するために、積極的に動いてもOKです。

生理後はトレーニングの成果が出やすい

生理後、排卵までの時期は女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌期。体は引き締まり、お肌の調子もよく、女っぷりが上がっている、いわゆる“ピカピカ期”。この時、実は男性ホルモンであるテストステロンも分泌しています。そして、テストステロンが出ている時は筋肉がつきやすい時期なので、ここでしっかりとトレーニングをすると成果が得られやすいでしょう。だから、生理期間中はちょっとしんどくても、その後の時期でグーンと成果を上げるチャンスになるのです。

生理前は軽いストレッチを

排卵後は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌する時期。この時期はストレッチで整えるように。PMS(月経前症候群)なども起こりやすいタイミングで、心も体も不安定になる人が多いので、軽いストレッチなどで滞りを流しながらも、激しく揺さぶらないように注意して。

生理は病気ではないので、自分の状態を知り、それに合わせたメニュー作りで健全に過ごしたいものです。

 

ライター:三上あずさ
出典元:Training for Woman Vol.1 「トレーニングするなら知っておくべき女性の身体のこと」/監修:高尾美穂(産婦人科医。医学博士。婦人科スポーツドクター)

続きを読む

FEATURE