YOLO

FITNESS & SPORTS

お尻の老化は30代から始まる⁉ ウエストのラインもお尻のせいだった⁉

9月26日発売『YOLO Vol.3』の特集は、今話題のお尻。
その中でヒップトレーニングを監修してくれたのが、ヒップアップアーティストの松尾タカシさん。松尾さんの著書によると、お尻は、早い人で20代後半から、通常は30代から老化が始まるのだとか⁉

お尻の老化は30代から始まる

お尻の老化とは、お尻内部の筋肉が緩んで、形が崩れていくこと。
●お尻の頂点が下がる
●ウエスト周辺のメリハリがなくなる
●お尻が四角くなる
●お尻に丸みがなくなる

鏡を見て、最近お尻が垂れてきたな…と思ったら、上記のポイントをチェックしてみて下さい。当てはまる項目があれば、筋肉が衰えてきた証拠。例えば、若いころよりも歩くスピードが遅くなっていませんか?

お尻の筋肉には「体を支える」「関節を守る」「バランスを取る」という役割があります。お尻の老化が進むということは、もちろん「スタイルが悪くなる」といった表面的な変化もありますが、「歩けなくなる」状態に近づいているという、危険信号でもあるのです。

ちなみに、お尻が垂れたからといってガードルを履いても筋肉の衰えは止められません。お尻は外側から整えるではなく、内側から鍛えないと意味がありません。その反面、トレーニングなどで鍛えれば、確実にヒップラインが上がります。

今のうちから意識して鍛えることで、40代、50代のスタイルや健康に大きく差がつきますよ!

松尾先生のオリジナルメソッドは、本誌の他、先生の著書『おしり体操』(KADOKAWA)でも詳しく紹介。また、松尾先生のウェブサイトでは、「おしり体操」の動画も公開されています。

 

ライター:山本章子

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE