YOLO

Health & Beauty

「睡眠」から人生を変えるための、6つの約束

睡眠はしっかり取れていますか?
「寝ても寝ても眠い」「夜しっかり寝てるのに昼間すごく眠くなる」「眠りが浅くてスグに起きちゃう」。睡眠の質が悪いと、いくら長時間寝ても疲れが取れないことも。せっかくのトレーニングも効果が出にくかったり、美肌作りの妨げになることもあります。眠るギリギリまで携帯をいじってしまうなど、ついやりがちなこともありますが、ベッドに入る少し前から気をつけられることを紹介しましょう。

良質な睡眠をとるための6つのコツ

01:昼寝をしよう。
お昼休みは、15~30分昼寝をして脳を活性化させましょう。眠れない時は目を瞑るだけでも効果があります。寝すぎは逆効果になるのでご注意を。

02:夜は真っ暗がベスト。
本来、真夜中でも明るいというのは、不自然なこと。体内リズムをつかさどる遺伝子は、光に対して敏感に反応してしまうので、明りをつけたまま眠るのはNG。朝、太陽の光が自然と入ってくるようにしておくと、体内時計がリセットされて目覚めがよくなります。

03:PCやスマホを寝る前に見るのは×。
ブルーライトには眠気を誘うメラトニンを抑制する働きがあります。体内時計が狂うことで、肥満や病気につながる恐れも。夜寝る前2~3時間は、ブルーライトを浴びないように気をつけましょう。

04:寝だめは時間の損。
睡眠時間を前借することはできません。「平日寝れない分、週末寝ておこう」なんてことをしても、体内リズムは崩れる一方。せっかくの週末の時間を損してしまうことになっているかも…。

05:アルコール・カフェインはほどほどに。
これらを取りすぎてしまうと、就寝中も脳が休めないため、熟睡できず、いくら寝ても眠いという結果に。刺激物の摂取は、適量を心がけましょう。

06:リッラクスすること。
寝る時の室温は、28℃以下が望ましいと言われています。お風呂は寝る90分前までにすませ、体温を戻してから布団に入るようにしましょう。寝具やパジャマは通気性のよい綿素材が◎。カラダを緩めるストレッチを取り入れるのもオススメです。

睡眠は、一日一日の活動に大きく影響します。できることから取り入れて、人生を豊かにする睡眠をぜひ、手に入れてくださいね!

 

ライター:中村千春
出展:『毎日使える知恵としての浄化術ココロ・カラダ・アタマ』

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE