YOLO

HEALTH & BEAUTY

かすむ、痛い、赤い・・・ スマホ好きのあなたの目は大丈夫?

オフィスワーカーの3人に一人も!

スマホを見続ける通勤の行き帰り、オフィスではPCとにらめっこで仕事。そんな暮らしをしていませんか?

もしそうだとしたら、要注意。かなり目を酷使しています。人には五感(五官)が備わっていますが、その中でも一番使っているのが視覚なんです。だから、反対に目をつぶると、嗅覚や聴覚が冴えてきたりします(試しにやってみて!目のつぶっていると、実は耳や鼻から入ってくる情報の多さに驚きますよ)。

今、オフィスワーカーの3人に一人はドライアイになっていると言われています(日本眼科学会)。3人に一人と言ったら、誰にでも可能性があるという感じですが、いったいドライアイってどんな症状?まずは、あなたの目の状態をチェックしてみましょう。

【ドライアイチェック】(出典:日本眼科学会)

・次の項目で該当する症状はいくつあるでしょうか?
□目が疲れる
□目が乾いた感じがする
□ものがかすんで見える
□目に不快感がある
□目が痛い
□目が赤い
□目が重たい感じがする
□涙が出る
□目がかゆい
□光を見るとまぶしい
□目がゴロゴロする
□めやにが出る

・10秒間またたきをしないで目を開けていられますか?

もし、5項目以上チェックが入る、もしくは10秒我慢できなかった人は、ドライアイの可能性があります。
参考:http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_dryeye.jsp

ドライアイは慢性疾患。バッタのポーズで撃退!

上のチェック項目はドライアイの症状ですが、ドライアイには定義があります。

「ドライアイとは、さまざまな要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う」というもの。しかも女性のほうが男性よりなりやすいのだとか。これからの季節は時期的にもドライアイになりやすいというから、予防策が必要です。

そんな目の乾きを改善するのにオススメなのは、ヨガのバッタのポーズ。足を上げて血流を促し、体液の循環を整えます。

【バッタのポーズ】
1:うつ伏せになりリラックス。肩まわり、首まわり、骨盤まわりから力を抜きましょう。
2:手のひらを体側に向けて、お腹の下に入れます。左足はつま先を立て、足を伸ばして保ち、肛門をキュッと引き締めたら、息を吸いながら、右足をお尻の境目から上げます。骨盤が広がらないように。腰から反らないように!
3:足を上げたまま、少し息を止め、息を吐きながら足をゆっくり下ろします。反対側も。
4:3セット行ったら、顔を左右のどちらかに向けて楽にし、休みます。

これを毎日、一日のリセットとして行いましょう。目の症状は頭を緊張させます。疲れやすくなってしまうので、毎日のケアが大切なのです。

 

ライター:三上あずさ
出典:『視力回復セルフケア』(山本正子著)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE