YOLO

HEALTH & BEAUTY

あなたもやっている⁉「太モモ」を太らせる生活習慣

トレーニングを始めて、お腹や顔、ふくらはぎは細くなっているのに、太モモだけはどうにもやせない…。むしろ、なんか太くなった…。なんてこと、あなたにはありませんか?

多くの美トレ女子を悩ます、太モモ。そんなやせにくさNO.1の太モモを細くするためには、まず、「なぜ太モモは太くなりすいのか」「なぜトレーニングしてもなかなか落ちてくれないのか」その原因を知らなければなりません。

太モモがやせにくい理由

太モモを太くしている原因はむくみにあります。太モモのむくみは、昨日今日でついたものではありません。あなたの年齢とともに、積み重ねてきたもの。気がついて「今までゴメンね」と、急に優しくケアしても、そう簡単には和らいでくれません。さまざまな要因から「蓄積」されたむくみは、ボコボコとした硬いセルライトになり、太モモに張りついてしまっているのです。心当たりありませんか?

この状況を打破する方法は、地道なケア。なかなか成果が出なくても、一歩ずつやっていくしかないのです。心が折れそうになることもあるかもしれません。それでも、今日より明日、明日より明後日と、毎日のお手入れを続けていくことが大切です。やがて、硬く積もった雪が溶けるように、むくみも溶けて流れていきます。太モモを細くするまでの道のりは長いかもしれませんが、諦めないことがゴールへのたった一つ道。今まで放っておいた分、じっくりとケアしてあげましょう。

太モモを肥大化させる魔の生活習慣

01:油脂類
動物性脂質、例えば乳製品(バター・牛乳・チーズ・ヨーグルトなど)ケーキ、スナック菓子や揚げ物が好きな人は、要注意! こうした油脂類は、太モモのつけ根にあるリンパの目詰まりを起こしやすく、セルライト化を引き起こします。リンパの目詰まりは、冷えを助長する原因にもなるので、早めに手当てをしましょう。

02:冷たいもの
冷たいものは当然、カラダを冷やします。また、冷たいもの以外にも南国のフルーツや甘いもの、乳製品、精製した米を好んで食べていると、太モモはひんやりと冷たく、プヨプヨとむくんでしまいます。これらを食べて、ケアをしなければ、太モモは太くなる一方です。

03:カフェイン&アルコール
少量のカフェインは利尿作があり、水分の排出を助けてくれますが、摂取し過ぎると逆に水分の排出を妨げるだけでなく、体内の酵素の働きを邪魔したり、ミネラルを消耗させたりと、脂肪燃焼に悪影響を与えます。また、アルコールは体内の水分の循環を滞らせてしまうため、体内に水分を溜め込み、むくみのもとになってしまうのです。

04:サイズの合わないショーツ
太モモと切っても切れない関係にあるお尻。お尻の筋肉が衰え、お肉が垂れ下がってくると、太モモはさらに太さを増してしまいます。お尻のストレッチや筋トレも、もちろん大切ですが、まず見直したいのが、ショーツ。きちんとホールドできていないお肉がはみ出てしまっている状態では、お尻と太モモの境界線があいまいになり、スタイルは崩れる一方…。しっかりお尻全体をホールドできるショーツをはくことで、太モモとの境をつくり、冷えからも守ってあげられます。長時間座った後は、軽くマッサージをして、冷えを解消するようにしましょう。

今すぐ改善して、美脚を目指していきましょう!

 

ライター:中村千春
出典:『女性が知っておくべき手足顔のツボ全地図帳』
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE