YOLO

HEALTH & BEAUTY

コーヒーは水分に入らない!?1日に必要な水分量の取り方

水分不足は老化につながる

一日に必要な水分量はいろいろ言われていますが、あなたは実際にどれぐらい飲んでますか?水は飲みなれていないと、意外に飲みづらいもの。でも、私達の体は60%が水で、これが減ってしまうと肌がしわっぽくなるし、髪の毛がパサッとなるのは当たり前です。

寝ているだけでも、コップ1杯分(約200mL)ぐらいの汗をかいていますが、トレーニングで汗をしっかりかく人はもちろん、出した分は少なくとも補給するべき。水分が足りないと、老化を促進させることになります。

一日に必要な水分量とは

補給する量の目安は? これは一日1〜1.5リットルと言われています。この計算は、実は法則があるのです。

一日の必要水分量=体重(kg)×33

体に入ってくる水分は食事などにも含まれているし、体内で作られる分もあるので、それを引くと上記の数字になるというわけ。あなただったら、どのぐらい必要か、すぐに計算してみましょう。

ちなみに、この水分量は水が原則。水分と聞くと、コーヒーやお茶ならとっていますという人は多いと思いますが、それは該当しません。とはいえ、飲んではいけないということはありません。ただし、コーヒーやお茶はむしろ利尿作用があって、水分を排泄してしまうので、飲んだ分余計に水を取らないといけないのを覚えておいて。

体の中での水の役割

ところで、60%もあると言われる水分は、体の中でどんな役割をしているのでしょうか。

1:水分バランスを整える
体温調節のために汗として出たり、尿や便、呼吸などでも失われます。水分量が減ると、脳は口渇機構に働きかけ、水分を調節しようとします。

2:腎臓の働きを助ける
体内の毒素を排泄する腎臓。水分が足りないと血中の尿素や窒素などの毒素がきちんと排出されません。

3:快便促進
食べた物を消化し、胃酸の調節も水分が行います。また、体内の老廃物を排泄するのも水分。水分が足りなければ、体の中のあちこちで仕事が滞り、不調のもとに。

4:脱水予防
水分が足りないことで脱水症状が起き、脱水状態になると疲労、筋力の低下、めまい、頭痛などを招きます。

5:肌の調子を整える
水分が十分足りていれば、代謝が上がり、免疫機能も向上。乾燥や肌荒れを回避できます。足りないと乾燥したお肌、パサパサの髪に。

自分に必要な水分を計算し、最低それぐらいは飲むようにしましょう。それによって、しっとりしたお肌や髪の毛、安定した健康のもとが手に入りますよ。

 

ライター:豊田紗江
出典:『颯爽美人になる心と体の筋トレ』(ブルーロータスパブリッシング発行、インプレス発売)
監修:山坂元一(ストレングス&コンディショニングトレーナー。VIDO代表取締役)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE