YOLO

Food

カレーでうがい!? シナモンでマッサージ!? スパイスの意外で絶妙な利用法

長年インドで愛用されているスパイスの魅力

ヨガやアーユルヴェーダを生み出したインドの食といえば、カレーですよね? そして、カレーといえばスパイス!
今回は、そのスパイスについて少しお話ししたいと思います。

ともにインドで長年受け継がれているヨガと、アーユルヴェーダは切っても切れない関係。そのため、ヨガを実践するインストラクター達の多くがアーユルヴェーダも学んでいます。アーユルヴェーダでは、健康には、消化力を高めることが重要なことの一つとされています。だから、必然と食への学びも多くあり、その一つにスパイスがあります。

スパイスって聞くと、どんなイメージがありますか? カレーに使われるように辛味や、香りなど味の決め手のイメージですよね。
実は、スパイスには個々にさまざまな効能があるのです。料理として体内に取り入れるはもちろん、生活でも上手に取り入れることで心身によい影響が生まれるのだとか。

そんなスパイスを上手に取り入れる方法を、インドの方が多く在住され、スパイスとのかかわりも密な神戸で活躍するヨガのインストラクターに聞いてみました。

ターメリックうがいでノドの調子を整える

神戸の繁華街元町にあるスタジオ・スンダリのさやか先生の朝は、ターメリックを使ったうがいから始まる。

ターメリックは、カレーを作る時に使うスパイスとして有名。もしかして常備している人も多いかも? 食事として取り入れれば、消化作用や新陳代謝を促すとあって体質改善にも役立ちます。また、殺菌作用や抗炎症作用などもあるため、うがいにも適しているのだとか。

ヨガのインストラクターは、声を使う仕事。さやか先生もこれで毎日、ノドを整えているのです。

やり方はとても簡単。コップにぬるま湯(水でもOK)を200ccほど入れて、ターメリックを2〜3振り(小さじ半分くらい)入れるだけ。ノドの調子がおかしいかも⁉ って思ったら、朝だけでなく昼、晩と1日3回を目安にトライ!

 

シナモンで頭皮マッサージすると美髪に!

夜、風呂に入る時に実践したいのが頭皮マッサージ。
「最近のお気に入りは、シナモンとハチミツを入れたオイルです」
とさやか先生。

良質な睡眠を促してくれる頭皮マッサージ。さやか先生は、そこに殺菌、活性作用のあるシナモン少し混ぜてみたところ、髪にハリが出てきたのだとか。

セサミオイル(なければ、キャスターオイルなど他のキャリアオイルでもOK)に、ほんの少しのシナモンとハチミツを混ぜて、容器に入れておきます。オイルを人肌に温めてから手に取って、湯船の中で頭皮を優しくマッサージ。そのまま少し放置して、後はシャンプーできれいに洗い流すだけ。

これで、髪の毛にツヤが出てきて、キラッキラというわけ。今では、生徒さん達に、ツヤの秘密を聞かれることもあるのだそうです。
繊細な頭皮だから、マッサージなどでは自然なものを使うほうがいいですよね。毎日は難しくても、週に1回から試してみませんか?

さやか先生も愛用のスパイスのお店:
KOBE HALAL FOOD(ハラル フード) http://halal.shop-pro.jp
Indian Provision Store (インド プロヴィジョン ストア)http://www.spice-kobe.com

 

ライター:北川彩
取材協力:濱田さやか(ヨガスタジオ スンダリ主宰。シンギングボールマスターヒーラー)
写真:istockphoto

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE