YOLO

HEALTH & BEAUTY

「お疲れ顔」をソク解消! 顔面リセット法でHappy顔に

「お疲れ顔」なんて誰にも見せたくない!

それが仕事の後であろうと、夜更かしした翌朝であろうと、目の下にクマがあって、お肌にツヤもハリもないような「お疲れ顔」って、メイクでもなかなか隠れてくれなくて、できることなら誰にも見せたくないですよね? でも、そういう時に限って人と会う約束なんかがあったりして、どうしようか悩むことに…。

でも、これ、簡単にリセットする方法があるんです! それが「顔じゃんけん」。顔でグーチョキパーを作って、顔のストレッチをするんです。

そもそも「顔じゃんけん」は本来視力回復効果が期待できる実用的なヨガ。目が悪いってことは、目の奥の筋肉が緊張しているため、目が十分に動きにくい。だから「顔じゃんけん」で顔を動かして、目の周りの筋肉をほぐす=血流がよくなるってわけ。ちなみに、続けているうちに全身の血流もよくしてくれる、うれしい副産物も。

グーチョキパーの前にはウォームアップ!

顔の皮膚はとても繊細。突然、顔や目を動かすとケガのもとなので、顔ほぐしから始めましょう!

1:目玉回し
目を思いっ切り左へ向ける。次に左上、上、右上、左。特に斜め上方向と上は思いっ切り目を向けて! 下方向は比較的に簡単にできるはず。目が疲れているほど、違和感アリアリです。

2:下アゴ出し
じゃんけんの“パー”では口を大きく開けるので、アゴを温めておきましょう。上アゴと下アゴを前後にズラして下アゴを前にグイッ。顎関節症の人も口が開きやすくなりますよ。

いざ!「グーチョキパー」にチャレンジ!

これは、恥ずかしからずに思いっ切りやるのが鉄則! でも、最初はやっぱり恥ずかしいから、誰も見てない時にこっそりと。人前で唐突に始めるのはやめたほうがよさそうです( ^ω^ )

【グーの顔】
唇をすぼめて思いっ切り前に出す。そして目玉を閉じてぐっと奥に引っ込める。気分は“ひょっとこ”。声に出して「グー」と言ってみよう。

【チョキの顔】
片目をウィンクして、同じ側の口角をキュッと上げる。笑う表情をすると脳が反応してハッピーホルモンを放出! 疲れた心もほぐしてくれる顔面ポーズ。

【パーの顔】
「パー」と言いながら下アゴがでるまで、思いっ切り口を開ける。目は上を向いて口と目を引き離していくように。広げられるだけ広げるほど、かなり気持ちいいはず!

 

顔には筋肉(顔面筋)は30以上あるのですが、普段は30%程度しか使っていないんです。でも、これを習慣的に続けていくことで、筋肉に刺激を与えられるから、笑顔が素敵になり、お肌にツヤとハリが出るのは間違いなし。ハッピーホルモンが出てくるから、幸せ気分も盛り上がって、ちょっとしたイライラから開放されていくはず。そうしたら、周囲からは「一緒にいると楽しい人!」なんて評されることになったりして? 1カ月続いたら、確実に表情も気持ちも変わっていくから、ぜひ試してみて!

 

ライター:北川彩
出展『Yogini』vol.43「“顔じゃんけん”で全身燃えろ!」
監修:山本正子/日本総合ヨガ普及協会理事長。視力向上ヨガ研究所所長

続きを読む

FEATURE