YOLO

HEALTH & BEAUTY

寝ちゃったら恥ずかしい? ヨガのシャヴァーサナの秘密

ヨガクラスでの最も幸せな時間

普段、トレーニングしかしていない人は習慣がないかもしれないですが、クールダウンの後、仰向けになって目をつぶり、ゆったりとする時間を持ちませんか?それは至福に満ちた自分へのプレゼント。疲れた体をしっかり休めて整えられるのはもちろん、何もかも忘れて精神的にも解き放たれること間違いなし!

これは、ヨガをしている人にはお馴染み、クラスの最後に訪れるポーズなのです。多くの人が大好きなシャヴァーサナ。別名「死体のポーズ」とも言われます。その名の通り、仰向けになって手足をダラッと伸ばし、目を閉じます。体も心もすっかり力が抜けて大地に沈み込んでいくような状態。完全に脱力して、まさに死体のようになるポーズの一つです。

仰向けになり、重力から解放され、筋肉、内臓、神経といったあらゆる機能が一時休止。横に平らになった体中に、血液を均等に循環させることができるので、血流がよくなり目の疲れも回復。動いた後の疲労感が相まって、日常の忙しさや煩雑さからスコーンと解放され、心底リラックスすることができるのです。

寝ているようで、起きている究極の休息状態

しっかり、身体を動かした後だとそのまま眠ってしまいたくなるけれど、これって恥ずかしいもの。寝てしまって大丈夫なのでしょうか?

実は、できれば眠らずにいたいところ。シャヴァーサナは開放感たっぷりとはいえ、一つのポーズなので、心身ともに完全にリラックスしながらも、鮮明な意識があり覚醒しているのが理想。起きているわけではないけれど、寝てもいない…。もう何分たったかわからない、時空を超えてしまうような不思議な感覚に入れるのが、目指すところです。

とはいえ、体が疲れきっている時や、寝不足の時は眠りに落ちてしまっても大丈夫。無理に起きていようとせず、落ちるがままに任せて。疲れている人は、そこで寝てしまうのはよくあること。シャヴァーサナ後に起きた時の爽快感は、忘れられないかもしれない気持ちよさです。

仕事の合間にもシャヴァーサナを

シャヴァーサナの後は集中力が高まるので、仕事に戻らなくてはいけなくても、実は効率がUP。頭もクリアになっているので、スッキリした気持ちで、やるべきことに取り組めるはず。

だから、運動した後だけでなく、横になれる場所があるなら、いつでも気軽に。仕事の合間や疲れた時、1分でもやると、頭も体もリフレッシュできます。トレーニングや日常生活にうまく取り入れて、生まれ変わったような感覚を味わってみましょう!

 

ライター:平地紘子
出典:Yogini・vol42/「みんな大好き! 極上のシャヴァーサナの行い方」
監修:友永淳子(友永ヨーガ学院主宰)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE