YOLO

MARATHON CHALLENGE

フルマラソン完走に向けた2人のライフスタイルに密着!

2017/09/22

PR:日清オイリオ

暑さも峠を越えて、秋らしい気持ちのいい日が増えてきましたね。
ランニングシーズンもいよいよスタート。真夏は暑すぎてランを控えていた人も、外で体を動かしたくてうずうずしているのではないでしょうか?

そんなランニング女子のために、YOLOではマラソン企画が始動!
この秋、フルマラソンに挑戦する2人の女性に密着し、フルマラソン完走に向けたトレーニング方法や食事術を大公開します。



マラソンに興味はあるけれど、
「どのぐらい前から、どんなペースで練習したらいいの?」
「マラソン当日に、パフォーマンスを発揮するための食事って…?」
など、初マラソンに対する疑問や不安がある人も多いはず。

この連載では、マラソンにチャレンジする2人が実際に取り組んでいるトレーニング方法や食事術を紹介。そのため、より具体的&リアルにマラソンに向けた準備をイメージすることができます。「この方法なら、私でもできそう!」というところから、気楽にトライしてみてください。2人と一緒に頑張るつもりで、この連載を楽しんでもらえたらと思います。

では、さっそくチャレンジする2人をご紹介!

1人目は・・・今年、東京マラソンで念願のサブ4を達成した小夏エミリさん。


ランニング歴は約5年、初マラソンは2年前という小夏さん。ランニング雑誌のモデルの仕事をしていることもあり、取材中に教えてもらったトレーニングメソッドを取り入れながら体づくりをしているそうです。普段は、ランニングに加えて短時間で負荷がかけられるインターバルトレーニングを取り入れたり、自宅では疲労や怪我予防のためにストレッチをするなど、トレーニングだけでなくボディケアもしっかりと行っているとのこと。「横浜マラソンは、初参戦なので楽しみです! コースに高速道路があるからどんなレースになるか予測がつきませんが…目標ゴールタイムは4時間半! しっかり準備をして臨みたいと思います」と、意気込みを聞かせてくれました!

2人目は・・・フルマラソンは今回で3回目という渡辺由布子さん。


ヨガインストラクターとしても活躍する渡辺さんは、ヨガはもちろん、ランニングや自宅でのストレッチなど、毎日と言っていいほど体を動かしているそう。「毎日少しの時間でもランニングをして、走ることに体を慣れさせることが大切かなと思っています。マラソンは特別な道具がいらないから、世界中どこでもできるのが魅力ですよね。レースも楽しみたいと思います」。
目標タイムは、小夏さんと同じく4時間半。負荷をかけてトレーニングをするというよりは、レースまでに自信をつけておくことが大事、と渡辺さん。確かにメンタルが崩れると体も思うように動かなくなりますね。そうした精神面の準備についても、今後ご紹介していきましょう。

次回は、横浜マラソン1ヶ月前の2人のトレーニング方法をご紹介! 1ヶ月前からでも自信を持って当日を迎えられる、トレーニングのヒントをたくさんお教えします。

 

Profile
●小夏エミリさん
様々な広告や雑誌で活躍するGunn’s所属のモデル。2015年の大阪マラソンがフルマラソンのデビュー。2017年の東京マラソンでは3時間52分の自己ベストでゴールし、念願のサブ4を達成する。Instagramアカウント:emiri_konatsu

●渡辺由布子さん
17歳から読者モデルとして「Vivi」「JJ」「non-no」など多数女性誌に出演。MBS/TBSラジオパーソナリティとして出演。大学卒業後、化粧品会社勤務を経て、ヨガインストラクターを務める傍ら、トラベルライターとして世界中を飛び回る。過去渡航した国は40カ国以上。ハワイ留学経験有り。現在は拠点をロサンゼルスに移し、東京と行き来してデュアルライフを送る。恵比寿と中目黒のヨガスタジオで定期的にクラスを開講中。Instagramアカウント:watanabe_yuko

続きを読む

FEATURE