YOLO

LIFE

グリーンのある暮らしをもっと楽しむ方法

2017/08/10

PR:OLYMPUS

「季節の植物を部屋に飾ると、元気になるんです」。

そう話す黒木なつみさんのご自宅には、いたるところにグリーンが置かれている。

吹き抜けのスペースで存在感を放つ大きなモンステラ、お日様をたっぷり浴びて喜んでいる多肉植物、陶器のプランターにワサワサと茂るプミラなど、種類もさまざま。

インテリアとして部屋に溶け込む植物は、どれもイキイキとした表情をしている。

その表情を「OLYMPUS PEN E-PL8」で撮影。植物の動きや表情まで鮮明に写し出す

PENを下げて、部屋に飾る植物を探しに。

この日はキッチンに飾る用の植物を探すため、東京・自由が丘の《Buriki no Zyoro》へ。

「どれにしようか迷っちゃう」とキラキラとした眼差しで店内を歩いて回り、真剣にグリーンを選ぶなつみさん。

時折、シャッターを切ることも。

そして、白みがかった緑が美しい“シンジュバアカシア”を購入。

「少しアンティークっぽい葉っぱがかわいいなと思って選びました! 白い花瓶ともすごくマッチして、キッチンが一気に華やかになりました」。

植物の色味に合わせて花瓶をチョイス。夏らしさ満載の部屋に。

購入した植物をさっそく花瓶に活け、キッチンに。ホワイトの花瓶はアカシアのグリーンを引き立てる。

「グリーンを飾る場所は、キッチンが多いです。家の中でもよくいる場所だし、キッチンにグリーンを増やすだけでインテリアが一気におしゃれになります」

飾った植物はすかさず撮影

それぞれの季節で飾った植物を記録しておくことも忘れない。

アングルを決めたら、モニターにタッチ。撮りたい所にピントが合い同時にシャッターが切れるから、簡単にベストな1枚に。

さらに背景のボケ具合や明るさなどもモニターを確認しながら、タッチで調整できる機能も。簡単にフォトジェニックな写真が楽しめる。

アートフィルターでお気に入りの作品に

デイドリーム

パートカラー

ポップアート

おしゃれな写真を投稿するのが、インスタグラムのお約束。PENにはアップクールな質感の“デイドリーム”、 1色だけ残してその他をモノクロに仕上げる“パートカラー”、色鮮やかな“ポップアート”などインスタ映えする14種類のフィルターを搭載。

どのフィルターで撮るか悩む時は全14種が1度で撮影できる「アートフィルターブラケット」が便利。この3枚はなつみさんが実際に撮影したお気に入りの作品。

撮った写真はその場でSNSでシェア

PENはWi-Fiを内蔵しているので撮った写真をその場でスマートフォンに転送可。

すぐにSNSにアップして、仲間にシェア。

「ファッションのスナップを撮る時も、あえて植物を入れて撮ることがあります。それぐらいグリーンは写真が映えるし、自然と笑顔になるんです」。

 

黒木なつみさん愛用のカメラはこちら


◆OLYMPUSPEN E-PL8
どんなシーンにも溶け込むホワイト。箔押しされたゴールドのロゴが輝く、シンプルなデザインが魅力。
詳しくはこちら

 


◆人気の本革3点セット(本革ボディージャケット CS-45B、本革レンズジャケットLC-60.5GL、本革ショルダーストラップ CSS-S109LLII)
別売りのアクセサリーで自分好みのカスタマイズを楽しもう。
詳しくはこちら

続きを読む

FEATURE