YOLO

PEAKPERFORMANCE

PeakPerformance×成澤佳央梨(プロスノーボーダー)/Vol.3・ヨガ&メディテーション編

2017/11/02

PR:PeakPerformance

最高のパフォーマンスを提供する「PeakPerformance」と
自然を愛するスノーボーダー成澤佳央梨。

最高のパフォーマンス(ピークパフォーマンス)を求めて、アスリート達は日々自分を磨く。彼らが目指す最高のコンディションを名称として掲げるのが北欧スウェーデンのアウトドアブランド「PeakPerformance」。

ここでは、プロスノーボーダーの成澤佳央梨さんが、取り入れているヨガやメディテーションについてのアスリートトークとブランドの魅力を探っていく。

ヨガとメディテーションがパフォーマンスを変える

「オフシーズンに、ヨガなどで精神統一を目指すスノーボーダーも最近増えてきていると思います」と話す成澤佳央梨さん。イベントでヨガをする機会も多い彼女が、最初にヨガに触れたきっかけはDVDだった。

「『ヨガって体にいいみたい』と思っていたのですが、それまでヨガをしたことがなく、体を軟らかくするストレッチ? 的な感覚でした。それが、実際ヨガをしてみたら『私のここ、こんなに硬いんだ…』と、自分の体について気づくことがすごく多くて、衝撃を受けました。毎日続けていたら、徐々に体が軟らかくなり、ポーズもサマになってきました。その自分の体の変化がうれしく、今も続けるようにしているんです」

ヨガのポーズがもたらす体への効果を、そう語る成澤さん。ヨガはメンタル的にもいいと言われることが多いが、彼女はどう感じているだろうか。

「メンタル的にもヨガはすごく期待できますね。精神を統一することが、結果として、スノーボードのライディングでもとても大切だと思っています。私は、自分の選んだラインを滑る前、深呼吸で心と体を整えます。心を整えると、やっぱりいい滑りができるんです」

自然の中でヨガをする時は、風や波、そして木々の触れ合う音などを聞きながら、自分の中に意識を向けている。いつも自然の中に入り、自然と対話する彼女は、学ばずとも、おのずと心を静かにする術を知っているのだ。

「集中」が作り出す雪上の芸術

「バックカントリーでは、ガイドさんに連れて行ってもらったり、現地のルールの下、雪山に入っていき、場所によっては何時間も歩くことも。でも深く入れば入るほど、その分、自然から受ける感動も大きいから、一本一本の滑りに集中し、時間や感動を大事にしたい。『今』というその瞬間としっかり向き合うためにも、心と体を普段からきちんと準備しておいて、いい滑りをしたいんです」

また、雪山ならではの喜びも、整った心と体が生む集中が作り出す。
「滑り終えた後、板からブーツを外し、自分が滑ってきた斜面を振り返って見るんですよ、私。『あれが私の刻んできたライン』みたいに。深雪だったらなおさらくっきり見えます。それはまさに自分であり、表現であり、そして芸術でもあるなって…。『あそこ跳んだからライン(滑った跡)がないな』とか『迷いが滑ったラインにも出ている』などがわかるんです。納得できる滑りができ、きれいなラインを刻めた時は、自分でそれを写真に収めることもあります!」

「PeakPerformance」のウェアの魅力

自らの滑りとヨガの関係を話した後、成澤さんはウェアの試着&撮影に。この日は、あいにくの雨。「結構雨が降ってるな、と思ってたんですけど、ウェアの撥水機能がすごくよかった」と話す。

「パンツがさらっと履きやすいのが印象的でした。ヨガパンツでよく見るのは、ヒザ下ぐらいでゆったりしているタイプか、レギンスやタイツスタイル。でもこのパンツは丈が長くて、『ピタッ』でも『ダボッ』でもなく、いい感じのシルエット。太すぎず細すぎず、街で履いても大丈夫なシルエットな上に動きやすい。それがうれしいですね」

薄いヨモギ色のようなグリーンという、微妙な色味が魅力的とも。

「私もともと、渋いけど地味なわけでもない、こういう色が結構好きなんです。スタイリストさんに第一声で、『このグリーン、めっちゃいいですね!』って伝えました(笑)」

上に羽織ったウェアの桜色も「派手な色合いではないけど、オシャレ!」。「普段あまり着る機会のない色合いなんですけど、気に入りました」という彼女の気持ちが反映してか、とても似合っていた。微妙な色合いも、デザイン大国・スウェーデンのブランドならではの魅力。

キュートさとクールさの両面を持ち、アスリートとして心身ともに高いレベルを保つ成澤さん。そして、彼女のモチベーションを上げ、さらなるピークへ導く技とセンスを兼ね備えるブランド「PeakPerformance」。両者の関係は、次世代のアスリート達の見本となるかもしれない。

 

【ウエアクレジット】
ハイブリットジャケット¥26,000、シビルメッシュロングスリーブ¥8,000、シビルパンツ¥19,000(PeakPerformance)
問い合わせ先:RCTジャパン/TEL03-6303-1039 https://www.peakperformance.jp

 

Profile
【成澤佳央梨】
神奈川県出身、1988年生まれ。幼少時に父親の影響でBMXのダートレースを始める。21歳、スノーボードに出合い、その楽しさに夢中になる。明るい性格と笑顔と反するクールな容姿や一瞬かいま見せるアスリートの顔と、そのライディングで多くのスノーボードメーカーのアンバサダーに抜擢。フリーライドや、バックカントリーがメインとなった今、ホームゲレンデにとらわれず、雪が良いと聞けばそこに滑りに行くスタイル。「スノーボードと、自然の美しさを知ってもらいたいです!」

続きを読む

FEATURE