YOLO

Food

コラーゲンだけでは効果なし!?一緒に摂るべき食品はコレ!

2018/05/29

コラーゲン、正しく摂取するには?

美肌作りに有効とされるコラーゲン。女性にとっては頼れる味方ですが、実はちょっとしたクセモノ。食品から摂取する場合、そのままではコラーゲンとして体内に吸収されないのです。では、どうしたらコラーゲンを効果的に摂取できるの?という疑問にお答えしましょう。

 そもそも、コラーゲンってどんなもの?

プルンッとした、ハリとツヤのあるお肌の維持に活躍するコラーゲン。その正体は、皮膚や腱・軟骨などを構成する、繊維状のたんぱく質。なんと、人体のたんぱく質の約3割を占めているのです。ゼラチンの原料としても知られていますが、主に鶏の手羽先や軟骨、フカヒレ、牛スジなど、プルプルとした質感の、動物性たんぱく質に多く含まれています。ウナギもコラーゲンを多く含んでいます。

 シワやたるみを緩和し、しっとりハリのある肌に

コラーゲンには皮膚の弾力を保ち、保湿効果を高める作用があるため、肌のシワやたるみの緩和に有効。さらに、骨粗しょう症や関節痛を改善する効果もあり、女性には願ったり叶ったりの栄養素。

 ビタミンCを含む食品と一緒に摂取を!

でも、コラーゲンは食品から摂取するだけでは、体内でコラーゲンになるとは限らないんです!というのも、コラーゲンは体内でアミノ酸に分解されて吸収された後、ビタミンCの力を借りることで、初めて合成されるから。コラーゲンを含む食品を食べる際は、ビタミンCを含む緑黄色野菜や果物などを、一緒に摂ることを心がけて。ビタミンCは、パプリカ、レモン、ゴーヤなどに多く含まれています。

 鉄や亜鉛も忘れず摂ろう

コラーゲンの合成には、ビタミンCの他に鉄や亜鉛も必要。これらの栄養素を含むレバー、ひじき、牡蠣などの食品をしっかり取って、不足しないように気をつけたいですね。ただし、コラーゲンがどんなに美容に効果があるといっても、決まったものばかりを食べ続けるのはNG!いかなる場合も偏食は敵と心得ましょう。

出典:『マンガでわかる栄養素の基本

ライター:夏井美波

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE