30 Movies

緩みがちな太もも裏を鍛えるポーズ〜太もも、ヒップ、ウエストに効くコアトレーニング動画

明日のキレイを作るYOLO動画

体を動かすと、メンタルも軽くなり、自然と笑顔も増えます。女性は、自分の理想とする体形やメンタルを、フィットネスやトレーニングで手に入れることで、よりいっそう輝いていきます。

今月は、「太もも、ヒップ、ウエストに効くコアトレーニング」をテーマに、30日間配信します。コアトレーニングとは、体の表面だけでなく、体の中心である体幹に近い筋肉を優先的に鍛えるトレーニングのこと。体の奥の筋肉を鍛えることで、姿勢が美しくなり、脚や腰まわりも引き締まってきます。30日後には、体幹から美しい体になっているでしょう。

今日は、「リバースプランク」。2日目で行った「プランク」の仰向けバージョンにチャレンジです。ふとした瞬間に、太ももの裏側を鏡で見てみると、思った以上に緩んでいてショックを受けることってありますよね〜。そんな鍛えにくい太もも裏を引き締めるのにもってこいのポーズです。集中的に取り組んで、お尻から太もものラインをスッキリさせましょう!

緩みがちな太もも裏を鍛えるポーズ

01:ヒザを立てて座り、両腕を後ろに着く。

02:脚を伸ばして、お尻を上げる。

03:息を吐きながらお尻を下ろし、吸いながら上げる。

体を持ち上げる時に、お尻が沈み込まないように注意しましょう。へそを胸のほうに引き上げ、お尻はカカトのほうに引っ張られるようなイメージで体を伸ばすと、腰が反らずに体がまっすぐに。内ももを床に向けるように意識すると、太ももやお尻がより引き締まります。

監修&モデル:伊藤ゆり/いとうゆり。ヨガインストラクター。20代前半にヨガを知り、夢中になる。その後、ティーチングの道に進み、アメリカボストンでの約2年間のヨガの学びを経て、マタニティ、ランナー向け、シニアヨガなど幅広くレッスンを担当。正しい体の使い方がもたらす“心地よいヨガ”を伝えることを大切にしながら、バランスの取れた食事 、ヘルシーなライフスタイルを提案するなど、ヨガだけでなく、日常の中にある小さなハッピーを広げることにも取り組んでいる。

ヘアメイク:池永晴美
ウエア:イージーヨガ

※動画の無断転用は禁じます。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE