ei cooking

Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

スンドゥブチゲ レシピ・作り方

ei cooking(エイクッキング)は料理を作ること、食べること、食を楽しむことを通してハッピーを広げるメディア。初心者も料理好きも、女性も男性も楽しめる、プロの料理家による簡単&手軽で失敗のないレシピをお届けします。

今回は「スンドゥブチゲ」を紹介します。スンドゥブチゲは日本でも人気の韓国の豆腐鍋。キムチのほか、うまみいっぱいのあさりも加えました。

鍋にも大活躍のキムチ。辛味とともに発酵食品ならではのうまみが鍋の味に奥行きを与えてくれます。

スンドゥブチゲの材料(2〜3人分)

・絹ごし豆腐……1丁(300〜350g)
・あさり(砂出ししたもの)……200g
・にら……1/3束(40g)
・玉ねぎ……1/4個
・長ねぎ……1/2本
・豚バラ薄切り肉……120g
・煮干しだし……600ml
・コチュジャン……大さじ2
・豆乳……300ml
・塩……少々
・粗びきこしょう(黒)……適量

★煮干しだしのとり方(約1L分)……煮干し20〜30gの頭と腹を除き、鍋に昆布10g、水1Lとともに入れ、30分以上つける。弱火にかけてアクを取りながら3〜4分煮る。ペーパータオルなどを敷いたざるでこす。

スンドゥブチゲの作り方

[準備]
あさりは流水で殻をこすり合わせて洗う。キムチは大きければ一口大に切り、豆腐は3等分に切る。にらは3cm長さに切り、玉ねぎは5mm幅の薄切り、長ねぎは斜め薄切りにする。豚肉は食べやすい大きさに切る。

[1]
鍋に煮干しだしを煮立て、あさりを入れてふたをし、2分ほど煮る。あさりに火が通ったら取り出す。

[2]
[1]の鍋に玉ねぎ、長ねぎ、豚肉、キムチを入れて煮る。ひと煮立ちしたらコチュジャンを加えて溶かし、豆腐を加えて弱火で5分ほど煮る。

[3]
[2]に豆乳を加え、煮立ってきたらごく弱火にしてにらを加え、塩で味を調え、あさりを戻し入れる。こしょうをふっていただく。

POINT

最初にあさりを煮て、あさりのうまみをだし汁にプラスするのがポイント。貝が開いたら身がかたくならないように取り出し、最後に戻します。

レシピ考案:料理研究家 植松良枝

ジャンルを問わず、季節感を大切にした料理には定評があり、テレビや書籍、雑誌などで幅広く活躍中。料理教室を主宰するかたわら、自身の菜園で野菜作りに取り組むなど、食の楽しさを発信している。

著書は、『とれたて野菜レシピ』(NHK出版)『おもてなしと持ちよりレシピ―ほめられるからまた作りたくなる』(主婦の友社)『ホットサラダ』(文化出版局)など多数。

 

出典

SHARE

PROFILE

ei cooking 編集部

ei cooking 編集部

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

No more pages to load