ei cooking

Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

朝食パンにあう7つのおいしい&簡単作りおき

ゆで鶏

鶏肉はカットしてゆでておくと、使うときに手間いらず。ゆで汁はスープや麺のかけ汁にも使えます。

ゆで鶏の材料(作りやすい分量)

・鶏胸肉……2枚

(A)
・塩……小さじ1/2
・酒……大さじ1
・酢……小さじ2
・しょうがの薄切り……2枚

ゆで鶏の作り方

[1]
鶏肉は1枚をそれぞれ半分に切る。

[2]
鍋に[1]を入れてひたひたの水(分量外)を注ぎ、(A)を加えて中火にかける。沸騰したらアクを取り、火を止めてふたをし、そのまま冷ます。

ポイント

鶏肉はふたをしてそのまま冷ますことで、余熱でしっとりと火を通します。

使い方アイデア

こんがり焼いたマフィンにクリームチーズを塗り、ゆで鶏を手でちぎってのせ、こしょうやオリーブ油をかけると美味。トーストやベーグルともよく合います。サラダやマリネにも幅広く使えて便利。

さば缶リエット

さばの水煮缶詰を使い、手軽にリエットを作ります。塩気がきいてたまらないおいしさです。

さば缶リエットの材料(作りやすい分量)

・さば(水煮缶詰)……1 缶
・玉ねぎ……1/4
・にんにく……1/4
・オリーブ油……大さじ1
・レモン汁……1/4個分
・粒マスタード……小さじ2
・塩・こしょう……各少々

さば缶リエットの作り方

[1]
さばは汁気をきり、太い中骨を取り除いてほぐす。玉ねぎ、にんにくは細かいみじん切りにする。

[2]
すべての材料をボウルに入れ、なめらかになるまでフォークなどでよく混ぜ合わせる。

使い方アイデア

大人味のリエットは、バゲットやカンパーニュとの相性がぴったり。野菜に添えておつまみにしてもOK。

ラタトゥイユ

パプリカ、なす、玉ねぎ、トマト。野菜がたっぷり食べられて栄養満点。ローリエの香りが全体を上品にまとめます。

ラタトゥイユの材料(作りやすい分量)

・パプリカ(赤)……1 個
・なす……3本
・玉ねぎ……1個
・トマト……3個
・にんにく……1片
・赤唐辛子……1本
・ローリエ……1枚
・塩……小さじ1/2

ラタトゥイユの作り方

[1]
パプリカはへたと種を取り、なすとともに一口大の乱切りにする。玉ねぎは2㎝角、トマトはざく切りにする。

[2]
にんにくは包丁の刃で押さえてつぶし、赤唐辛子は種を除く。以上とローリエ、オリーブ油をフライパンに入れて中火にかけ、香りが立ったら[1]、塩を加えてふたをし、10分ほど煮込む。途中で水分がたりなくなったら水50~100mlほど(分量外)を適宜加える。

使い方アイデア

パンにのせ、チーズを散らしてオーブントースターで焼くとおいしいです。パンのほか、ゆでた素麺にかけたり、オムレツの具にしても。

大豆カレーフムス

豆は身近な大豆の水煮缶を利用。もどす手間いらずでフムスが完成。

大豆カレーフムスの材料(作りやすい分量)

(A)
・大豆(水煮缶詰)……100g
・クリームチーズ……50g
・カレー粉……小さじ1
・塩……小さじ1/4

・黒こしょう……適量

大豆カレーフムスの作り方

(A)をハンドブレンダーやフードプロセッサーでなめらかになるまで攪拌(かくはん)し、こしょうをふる。

★大豆をすり鉢でつぶし、残りのAを混ぜてもOK。

ポイント

身近な大豆の水煮に、複合スパイスのカレー粉、コクのあるクリームチーズを加えて手軽に作ります。

使い方アイデア

きゅうりやレタスとともに食パンにはさんでサンドイッチにするとおいしいです。スティック野菜につけても◎。

サルサディップ

レモンがきいた、さわやかなディップ。サラダのトッピングとしても使えます。

サルサディップの材料(作りやすい分量)

・トマト……2個(200g)
・玉ねぎ……1/4個
・塩……二つまみ
・レモン1/8

サルサディップの作り方

[1]
トマトは粗あらみじん切り、玉ねぎはみじん切りにする。

[2]
すべての材料を混ぜ合わせる。

ポイント

好みでタバスコ、香菜(シャンツァイ)またはパセリ各少々を刻んで混ぜてもおいしいです。

使い方アイデア

パンにのせても、サンドイッチにしてもおいしくいただけます。シンプルで素朴なカンパーニュとの相性も抜群。ゆで鶏とともにトーストにのせても美味。

きゅうりヨーグルトディップ

にんにくのきいたヨーグルトディップ。好みのパンに塗り、朝の食卓へ!

きゅうりヨーグルトディップの材料(作りやすい分量)

・プレーンヨーグルト……250g
・きゅうり……1/2
・にんにく……1/2
・粉チーズ……小さじ2
・塩……小さじ1/4

きゅうりヨーグルトディップの作り方

[1]
ボウルの上にざるを重ねてペーパータオルを敷き、ヨーグルトを入れて冷蔵庫で半日ほど水きりする。きゅうりはへたを落としてすりおろし、手で水気を絞る。にんにくはすりおろす。

[2]
すべての材料を混ぜ合わせる。

使い方アイデア

ハムやツナ、えびなどとともにパンにのせたり、サンドイッチにするのがおすすめ。野菜や揚げものにつけながら食べてもおいしいです。

パセリバター

くるみの粒々の食感がアクセントに。バター感覚でパンに塗って楽しみます。

パセリバターの材料(作りやすい分量)

・バター……70g
・パセリ……5~6房(約10g)
・くるみ……3~4個(約10g)

パセリバターの作り方

バターは室温で柔らかくする。パセリ、くるみはみじん切りにする。以上をボウルに入れ、スプーンでよく混ぜ合わせる。

★バターは600Wの電子レンジで10~15秒加熱しても。冬は軽く湯煎にかけて柔らかくしてください。

使い方アイデア

トーストした食パンやサンドイッチ用のパンに塗って。肉や魚介、野菜を炒めるときに使えば風味がアップ。

出典

Share

Profile

ei cooking 編集部

ei cooking 編集部

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

No more pages to load