ei cooking

Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

簡単!おいしい白菜鍋のバリエーション6種

ei cooking(エイクッキング)は料理を作ること、食べること、食を楽しむことを通してハッピーを広げるメディア。初心者も料理好きも、女性も男性も楽しめる、プロの料理家による簡単&手軽で失敗のないレシピをお届けします。

鍋といえば、くったりと煮えた白菜は甘くて美味しく欠かすことのできない食材ですよね。でもいつも似たような鍋になってしまいがち。そこで最近の新定番となっているミルフィーユ鍋から、台湾風、中華風、味噌味と白菜鍋のバリエーションをご紹介します。美味しく、身体の中までポカポカにあたたまりましょう!

豚のミルフィーユ鍋

これだけの材料で大丈夫?と思うほどシンプルなのに、しっかり美味しい。旬の白菜と豚の旨味がダイレクトに味わえる鍋です。

豚のミルフィーユ鍋の材料(作りやすい分量)

・豚バラ薄切り肉……300g
・白菜……1/2株
・しょうが……2片
・みりん、しょうゆ……各大さじ4

詳しい作り方はこちら

台湾風白菜鍋

こちらは白菜漬けをたっぷり使った台湾風鍋。ねりごまと香菜が入ったコクのあるタレでエスニック気分が高まります。

台湾風白菜鍋の材料(2人分)

・白菜漬け(市販品)……1袋(約500g、漬け汁も含む)
・豚バラしゃぶしゃぶ用肉……200g
・えのきだけ……1袋(200g)
・しめじ……1パック(200g)
・まいたけ……1パック(120g)
・鶏ガラスープ……500ml
・酢……大さじ1~2

(薬味と調味料)
・練りごま(白)、しょうゆ、酢、煎りごま(白)、ごま油、豆板醤、香菜(細かく刻んだもの)、しょうがのみじん切り、おろしにんにく、長ねぎのみじん切り……各適量
※鶏ガラスープは、市販のスープの素(顆粒)を表示どおりに湯で溶いて分量を用意しても。

詳しい作り方はこちら

白菜と骨つき鶏のクタクタ煮鍋

骨付き鶏肉と塩麹のたっぷりの旨味が白菜と春雨にしみて、最後まで美味しくいただけます。

白菜と骨つき鶏のクタクタ煮鍋の材料(3〜4人分)

・鶏骨つきぶつ切り肉……400g
・鶏胸肉……1枚
・塩麹(市販品)……大さじ3
・白菜……1/2株
・春雨……60g
・しょうがの薄切り……3〜4枚
・水……800ml
・塩……小さじ1/3強

詳しい作り方はこちら

北京風白菜鍋

ザーサイと干しエビを加えることで、思い切り中華風になります。複雑な旨味を楽しんで。

北京風白菜鍋の材料(1人分)

・白菜……200g
・豚しゃぶしゃぶ用肉……150g
・きのこミックス……100g
※しめじとえのきだけなどのきのこを、石づきを取ってバラバラにほぐしてミックスしておいたもの。保存袋に入れて冷凍しておけば、凍ったまま鍋に加えることもできるのでおすすめです。
・味つきザーサイ……20~30g
・干しえび……6g
・ぬるま湯……50ml
・水……500ml
・ごま油……小さじ2
・塩……小さじ1/2~2/3

詳しい作り方はこちら

豚と白菜の土手鍋

牡蠣で定番の土手鍋を、豚と白菜で。〆は、ご飯でもうどんでも美味です。

豚と白菜の土手鍋の材料(2人分)

・豚バラ薄切り肉……200g
・白菜……500g

(A)
・田舎みそ……100g
・砂糖……大さじ3
・ごま油……大さじ1

・酒……大さじ3
詳しい作り方はこちら

白菜と豚肉の重ね鍋中華だれ

塩麹で旨味を引き出した豚肉でつくる、中華風ミルフィーユ鍋。さっぱりとしたタレでいただきます。

白菜と豚肉の重ね鍋中華だれの材料(2人分)

・白菜……1/4株
・豚バラ薄切り肉……160g
・塩麹……大さじ2
・粗あらびきこしょう(黒)……少々
・水……100ml
・くこの実……小さじ2

(A)
・長ねぎの粗みじん切り……10cm分
・しょうがのすりおろし……小さじ1/2
・しょうゆ・酢……各大さじ1
・きび砂糖……大さじ1
・ごま油……大さじ2
詳しい作り方はこちら

 

白菜が主役の鍋レシピはいかがでしたか?白菜は低カロリーで満足感も得やすく、イベントが多くてついつい食べすぎてしまいがちな冬にぜひ積極的に取り入れたい食材です。トロトロに煮えた白菜で心も身体も温めましょう!

出典

Share

Profile

ei cooking 編集部

ei cooking 編集部

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

初めて料理を作る人も料理好きも、女性も男性も楽しめるレシピマガジン。毎日のおかずからスイーツ、パン、お弁当まで、美味しいレシピ情報を見やすく、わかりやすくお届け。

ei cooking 編集部の記事一覧

No more pages to load