YOLO

Food

手を抜くぐらいが丁度イイ!彼も満足の「豚の角煮丼」レシピ

2018/06/09

和食と言うと、手間がかかるというイメージがありますが、決まった割合で作れる調味液を知っておくと、和食作りが驚くほど簡単になります。醤油+砂糖の合わせ方の基本とともに、簡単に作れる豚の角煮丼をご紹介しましょう。

醤油2:砂糖1から始めましょう

調味料の合わせ方の割合がわからず、とりあえず麺つゆを使ってしまう人も多くいますが、まずは醤油2:砂糖1を覚えましょう。これをベースに、甘みが強すぎるようなら砂糖を減らす、もう少し甘みがほしければ増やすなど、好みのバランスに整えていけばOKです。豚の角煮丼も、この調味料で作れます。

小さく切って時短!「豚の角煮丼」

【材料】 2人分
豚バラ肉(ブロック)…300g
ショウガ(薄切り)…5枚
酒…50ml

<a>
醤油…大さじ2
砂糖…大さじ1

インゲンの塩ゆで(なくても可)…適量
ご飯…適量
煉りカラシ、七味唐辛子、五香粉…適宜

【作り方】
1 豚肉は1cmの厚さに切ってから、一口大の大きさに切る。
2 鍋に、肉、ショウガ、酒、たっぷりの水(分量外)を加えて、強火で煮立てる。
3 煮立ったら、アクを取りコトコト煮立つぐらいの火加減で1時間ゆでる。途中、ゆで汁が少なくなるようなら足し、aを加え、煮汁がやや残るくらいまで煮る。
4 丼にご飯を盛り、3の豚の角煮、煮汁、斜め切りにしたインゲンを盛る。好みで練り芥子を添えたり、七味唐辛子や五香粉を振る。

ここがポイント
豚肉は小さめに切ることで、煮る時間を短縮でき、食べやすくなります。調味料を加えるのは、豚肉が軟らかくなってから。最初から入れると、豚肉が硬くなってしまいます。

調理時間は長いですが、コトコトと煮込んでいる間に、他のことができるのが煮物のいいところ。もう一品作るもよし、ちょっと読書をするもよし。シンプルな調味料でできて、満足度の高い角煮丼、がっつり食べたい日にもおすすめです!

出典:「暮らし上手のおうち和食」
監修:瀬尾幸子

ライター:市川 椿

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE