YOLO

Food

あなたのお弁当、大丈夫!?知らないとヤバい食中毒の落とし穴

2018/06/12

暑い季節のお弁当作り 注意するのはこの四つ!

これから夏に向かい、少しずつ気温が上昇してきます。そうなると心配なのが食中毒。ダイエットで、カロリーコントロールのためにお弁当を作っている人も多いかもしれません。夏場のお弁当では、うっかり生ものを入れると、いたんでしまうことがあります。

お弁当用のおかずは、持ち歩いてもいたみにくいことが鉄則!さらに、冷蔵庫で長くストックできるように、作り方や調味を工夫します。次の四つのポイントを参考にしてくださいね。

ポイント1 中までしっかり火を通す

食材は十分に加熱します。卵焼きやゆで卵など、半熟がおいしいものでも、お弁当の場合はNGです。

ポイント2 濃いめの味つけをする

塩分が保存性を高めます。塩や醤油、味噌などの調味料を上手に使って調味し、いたみにくいおかずにしましょうす。

ポイント3 汁気を調整する

煮物や常備菜などは、基本的にしっかり煮つめて、汁気を飛ばします。反対に、マリネなどは具材が空気に触れないように、かぶるぐらいに調味液を加えて保存します。

ポイント4 防腐効果のある食材を利用

殺菌作用があるレモンやショウガ、わさびは味つけに、酢やビネガー類、オリーブ油などはマリネなどに利用して。梅干しやカレー粉などのスパイス類にも防腐効果があるので、おかずに取り入れると◎。

おかずができたら、清潔な保存容器に入れ、粗熱が取れてからフタをして冷蔵庫へ。熱いままフタをすると、雑菌が繁殖することもあるのでご注意を。

出典:『いちばん見やすい!作りおきべんとう
ライター:夏井美波

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE