Food

ウイルス予防とマスク生活の口臭対策にこの食材が役立つ?!

長ネギのアリシンの働きで免疫力をアップと疲労回復!

ウイルスの情報が飛び交う昨今、予防のためには、免疫力というのが大きなキーワードになっています。そこでおすすめしたいのがこちらの食材、長ネギです。

長ネギやニンニクなどに含まれるアリシン(硫化アリル)は糖の代謝を促し、ビタミンB₁と結びついてエネルギーを持続させる働きを持っています。殺菌効果もあり、免疫力を高める効果があります。

アリシンは根の白色部分に豊富に含まれていますが、水溶性のため、長時間水にさらすと成分が流れ出てしまいます。また揮発性も高いため、加熱しすぎも好ましくありません。できるかぎり食べる直前に調理するのが良いでしょう。

また、長ネギの緑色部分にはβ- カロテンやカルシウムが多いのも特徴です。

長ネギの保存方法としては、「冷暗所」が一般的です。冷暗所とは、常温よりもわずかに温度が低く、直射日光が当たらないところを言います。泥つきのものを購入した場合は、土に埋めておくと長持ちします。

 

口臭予防と美肌に役立つオリーブ

毎日のマスク暮らしは面倒だけれど、自分の口臭に気づいて治せる機会と捉えれば、こんな日々でも少しだけ前向きになれるはず。ご紹介する食材は、美肌にも一役かってくれるオリーブです。

オリーブに含まれるクロロフィルは、オリーブオイルの緑色のもととなる成分です。クロロフィルは解毒作用があり、肌荒れの予防やダイエットに効果を発揮します。抗酸化作用も期待できるためガン予防にも良いといわれています。

このクロロフィルの抗酸化作用は、口臭予防の効果も期待できるのが嬉しいところです。美味しく食べることで、口臭を予防しながら同時にビタミンEの力で血行を良くしたり、新陳代謝をうながして美肌をつくり出してくれます。

瓶詰めオリーブの場合は、液体に浸した状態でなるべく空気にふれない場所で保管しましょう。開封後は酸化しやすく風味が落ちやすいので、なるべく早めにいただきましょう。オリーブの実を購入した場合は、オイル漬けにして保管すると良いでしょう。

オリーブの缶詰の場合はそのままでも美味しくいただけますが、内包されているビタミンEは他の抗酸化成分と同時に摂取することで、より効果を発揮する特性があります。ビタミンAやCを豊富に含む食材と食べ合わせるのがおすすめです。

 

出典:『色と食材の食事術』、監修/星野春香(管理栄養士)

ライター:YOLO編集部

RECOMMEND