Running

夜ラン後の食事って難しい…オススメは「温野菜サラダ」!

2019/07/15

「食べて、動く」がスリムボディづくりの基本

スリムボディづくりに効果てきめんなのが、夜ランです。でも、ちょっと気になるのが夜ラン後の晩ごはん。夜遅い晩ごはんはダイエットの敵。でも、食べないのも翌日に疲れを残してしまうので絶対NG。ということで、夜ラン後の晩ごはんに頭を悩ませている人に一押しなのが、「温野菜サラダ」です。

低カロリーで夜遅い時間に食べても安心で、その上、リカバリーに必要な栄養素は摂れることが温野菜サラダのうれしいポイント。さらに、温野菜なので消化もよく、胃腸への負担も減らせます。また、体を冷やす心配もありません。

ここでご紹介する「温野菜サラダ」は、走った後に発生した活性酸素をすばやく除去してくれる抗酸化成分もたくさん摂れます。味付けは塩とこしょうだけにすることでカロリーカット。ちょっともの足りない、あるいは食欲がない場合には、バルサミコ酢または、カレー粉をプラス。オイルを使ったドレッシングは極力控えましょう。

ランで消費した糖質もじゃがいもで補給。低脂質、高タンパクの鶏ササミ、ツナをプラスすれば、完璧なランナーサラダに!満腹感はあるのに、お腹がズッシリ重くて不快になることもなく、安眠を妨げる心配もありません。

シンプルだからこそ続けられる夜ラン+サラダ。ダイエット中の人にもおすすめです。

夜ラン後のための温野菜サラダ

【材料】(約1人分)
じゃがいも…1個
にんじん…1/2本
玉ねぎ…1/4個
ブロッコリー…2~3房
鶏ささみ肉(むね肉でも代用可)…1本
ツナ缶…半分
塩、こしょう…各適量

【作り方】
1 じゃがいも、にんじんは、ひと口大、玉ねぎはくし切りに。ブロッコリーは大きめのひと口大に切り分ける。。
2 じゃがいも、にんじんは3~4分ほど、玉ねぎは1分ほど、ブロッコリーは2~3分ほどゆでる。
3 鶏ササミは8分ゆでる、またはレンジで2分ほど加熱し、中まで火が通ったら、粗熱をとり手でほぐす。
3 野菜と鶏ささみ、ツナを皿に盛り、塩とこしょうを振りかける。

出典:『ランニング・スタイル Vol.91』(レシピ考案:篠原絵里佳)
ライター:楠田圭子 PHOTO:熊原美恵

RECOMMEND