YOLO

Health & Beauty

グルテンフリー食品が危ない!?「グルテンフリージャンク」にご注意を

ダイエットをしているなら、糖質制限の一つにグルテンフリーを実践している人も多いのでは?ハリウッドセレブがダイエットに成功したことで火がつき、テニス選手のノバク・ジョコビッチ氏がその効果をまとめた本を出版したことで、グルテンフリーの日本での認知度がアップしました。

 

グルテンを避けることがブームに

そもそもグルテンとは、小麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一つ。欧米人が食事で摂る糖質のほとんどが、パスタやパンなど小麦由来の食品だったことから、これを控えることで糖質制限になるとして、「グルテンを控えること=ダイエット」と同義に扱われるようになりました。

 

近年このブームにのって、たくさんのグルテンフリーフードが登場。「低糖質」を謳い文句に、スーパーマーケットに売り場が設けられるほどの盛り上がりを見せているのは、ご存じの通り。

 

グルテン使用の食品と言えば、パン、うどん、パスタ、ラーメンなど主食が代表格。他にも小麦粉を使っている食品は少なくありません。ハンバーグの種にパン粉を使いますし、シチューは小麦粉を炒めて作ります。市販のブイヨンキューブにも小麦粉が使われていたりと、食生活が欧米化しつつある日本人にとっても、欠かせないものになりつつあります。

 

そのため、グルテンフリー食品に切り替えたら、ダイエット効果が期待できるかも?と思いがち。でも、それら代替え品が体にいいかと言うと、必ずしもそうではなさそう…。

 

 

 グルテンを控える代償に添加物?

グルテンフリーを気にしている人の多くが重視しているのは、「グルテンを使わずに作った」という点だけ。そのため、健康意識の高い人達が、多少高額でも高いものを購入するという思考を利用して、一部のグルテンフリーフードは粗悪なもので作られているという話があるのです。

 

例えば、グルテンフリーなのに「食感がふわふわ」なパンに出合ったら、要注意。グルテンはパンに弾力を与える作用がありますが、それを抜いて作るために、大量の食品添加物やコーンスターチで見た目を補っていることがあります。また、小麦粉本来の甘味や旨みを補うために、砂糖や皮質を大量投入されている場合も。「グルテンフリージャンク」と揶揄されるほどというから、見逃せません。

 

グルテンフリーの食生活は、グルテンに対する免疫反応からくる免疫疾患のセリアック症候群や、グルテンアレルギーの症状ある場合を除き、「健康な人が実践して」何らかの効果があるという科学的根拠は、見つかっていないとも。その上、グルテンを徹底除去すると食物繊維が不足したり、心疾患のリスクがアップするという説も語られ始めています。

 

主食の違う日本人が、欧米人のようにグルテンを目の敵にする前に、日々の食生活を見直すほうが先、と言えそうですね。

 

 

ライター:佐倉ひかる

出展:『ヨガと食事』

監修:川端理香/管理栄養士。元日本オリンピック委員会強化スタッフ。著書に『カラダの悩みは食べ方で99%解決する』などがある。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE