Food

Health & Beauty

疲れたな~と思ったら週末プチ断食。スムージークレンズでスッキリ軽やかに!

2018/10/19

週末の2日間でカラダをリセット!

何だか疲れが取れない、食べすぎや飲みすぎが続いて、ずっと胃もたれしている感じ…。そんなときはフルーツベースのスムージーで週末プチ断食をしてみませんか?効きそうだけど、お腹が空いてツラそう…。そんな声も聞こえてきそうですが、大丈夫!フルーツを使ったスムージーなら、代謝アップに欠かせないビタミンや酵素がたっぷり。内臓に負担をかけずに代謝を上げ、腸の栄養吸収をスムーズにしてくれるから、案外楽に実践できます。その実践方法と、おすすめレシピを紹介しましょう。

【週末1日目】
スムージー断食!内臓を休ませ、カラダの機能を回復

断食スムージーのルール

1:加熱した食材は使わない
生の食材に含まれる酵素は代謝UPに◎。ただし、酵素の作用を阻害するリンゴや柑橘の種は除いて。

2:植物性の食材のみを使う
牛乳、ヨーグルトなど、動物性の脂質やタンパク質は消化に負担がかかるので、断食日は控えて。

3:作り置きせずすぐに飲む
ジュースにした場合、時間がたつと酵素やビタミンが減少。作り置きせず、すぐに飲みましょう。

4:実践できない時はフレッシュフルーツで代用
ジュースを作れない場合はフルーツで代用可。水分が多いものをたっぷり食べるのがオススメ。

■朝のポイント
1:フルーツに含まれる速効性のエネルギー源が脳と体を目覚めさせる。
2:消化吸収のいい豆乳でタンパク質を補給すれば、体の中から体温UP。
3:フルーツは皮ごと使って食物繊維をしっかり摂り、腸を活性化させる。

【Morning_Recipe】
スッキリ飲める
ベジキウイスムージー

作り方(1杯分)
皮をむいたキウイフルーツ(1個)、レタス(1枚)、角切りにしたニンジン(2cm)、水100ccをミキサーにかける。

■昼のポイント
1:いろいろな種類の野菜を組み合わせて、抗酸化パワーをUPさせる。
2:野菜を多く使い、代謝や運動に欠かせないビタミンB群やミネラルを強化。
3:アボカドやごまなど脂質を含む食材をプラスし、ビタミンA、Eの吸収率UP。

【Day_Recipe】
抗酸化パワーを凝縮!
赤い野菜とリンゴのスムージー

作り方(1杯分)
ニンジン(3cm)は角切り、赤パプリカ(1/4個)、リンゴ(1/4個)は種を除いて適当な大きさに切り、水100mlを加えてミキサーにかける。

■夜のポイント
1:消化吸収のよい豆乳で、カラダのメンテナンスに必要なタンパク質を補給。
2:快適な睡眠をサポートするセロリやレタスを取り入れる。
3:血液サラサラ作用のある玉ネギや大豆食品などを取り入れる。

【Dinner_Recipe】
きな粉の風味がアクセント
オレンジきな粉豆乳

作り方(1杯分)
オレンジ(1個)は皮をむいて適当な大きさに切る。きな粉(大さじ1)、豆乳(150ml)を加えてミキサーにかける。お好みできな粉を少しトッピングすると風味がアップ。

 

【週末2日目】
断食明けの復食期は、スープとおかゆで内臓の代謝機能を回復

スープとおかゆのルール

1:ご飯をいきなり食べない
血糖値を上げやすいご飯をいきなり食べると、食欲が刺激されて大変なことに! 朝昼は野菜のスープから始めましょう。

2:腹6分目からスタート
いきなり満腹まで食べるのではなく、ゆっくりとよく噛んで味わって食べる。特に朝は腹八分目ぐらいに控えて。

3:タンパク源は大豆食品が◎
タンパク質は消化、代謝の負担が高い栄養素。いきなり肉や魚を食べず、消化負担の軽い大豆食品を活用しましょう。

4:調味料や油は使わない
調味料、油は基本的にNG。内臓に負担がかかるだけでなく、断食によって研ぎ澄まされた味覚が台なしになってしまうので注意!

【Morning_Recipe_01】
野菜の旨味を実感!
ブロッコリーのトマトスープ

作り方(1食分)
鍋に水100mlを入れて火にかけ、食べやすいサイズに切ったブロッコリー(6房)、みじん切りにした玉ネギ(1/8個)を入れて、軟らかくなるまで蒸し煮にする。カットトマト缶(100g)を加えて温める。

【Day_Recipe】
コロコロお豆をよく噛んで
ひじきとお豆の豆乳スープ

作り方(1食分)
鍋に水200mlを入れて火にかけ、ひじき水煮(50g)、ミックスブーンズ(50g)を加えて少し煮たら、豆乳(100ml)を加えて軽く温める。

【Dinner_Recipe】
とろとろレンコンが滋味深い
焼き芋とレンコンのとろとろ雑炊

作り方(1食分)
鍋に水200mlを入れて火にかけ、ご飯(茶碗1/2杯)、角切りにした焼き芋(80g)、すりおろしたレンコン(50g)を加え、とろみがつくまで煮て、いりごま少々を振る。

断食とは言っても2日間でOK!まったく何も食べないわけではないので、意外と気楽にチャレンジできそうですね。1カ月に1回、数カ月に1回など、自分のカラダに合うペースで実践するのもおすすめです。

出典:『週末プチ断食

ライター:藤岡操(栄養士)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE