Food

キレイな人は食べている!オンナの美容と健康は◯◯でキープ!

2018/11/24

やっぱり豆類って女性の強い味方!

ただ体重を落としたりするのではなく、筋トレに加えて食事にも気を遣って、しなやかで女性らしい体づくりを目指すことが、最近のトレンド。そんな女性の中でも、豆類を積極的に食べている人は多いのではないでしょうか。

大豆やアズキは、豆類の中でも、1年中スーパーで手に入るおなじみの食材。サラダに混ぜたり、マリネにしたり、お米と一緒に炊き込んだりと、調理のバリエーションも色々と楽しめる名脇役でもあるので、ぜひ毎日の食事に取り入れて、体の内側もヘルシーをキープしたいですよね。

体内の老廃物まで排出してくれる、栄養満点の大豆

大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。乳ガンなどの女性特有の病気を予防したり、更年期の症状をやわらげたちするだけでなく、美容効果も備えていて、とても優れた食材なのです。

食物繊維も豊富なので、体内の老廃物を排出して、体の内側から健康に。さらに、良質なたんぱく質が豊富。体内で生成できない必須アミノ酸も備えています。

唯一の欠点は、消化が悪いという点です。そのため大豆そのものを食べるよりも、豆腐や豆乳といった大豆の加工食品をうまく活用したり、ゆで大豆にしていただくのがオススメです。

アズキが、平日の仕事で疲れた目の回復をサポート!?

アントシアニンって言葉を聞いたことはありますか?この成分には眼精疲労の回復や視力改善の効果があるとされていて、アズキの皮の赤みを形成しています。抗酸化作用の働きがあり、ガン予防のほか、生活習慣病を予防したり、コレステロール値の上昇を抑制して肝機能を向上させるなど、体内の健康維持に一役買ってくれる栄養素なのです。

アズキの外皮に含まれるサポニンには、血液を浄化させる効果もあります。高血圧の予防にもオススメです。

お店でアズキを購入するときは、表面にシワがなく、粒の大きさがそろっているものを選ぶといいでしょう。

自宅では赤飯にするのが最もポピュラーな食べ方ですが、おしるこにしたり、あんこもちに使ったりなど汎用性も抜群。栄養豊富な野菜と一緒に炊き込んで煮物にすれば、バランスよく栄養を摂取することができます。

出典:『色と食材の食事術』(エイ出版社)、出典監修:星野春香(管理栄養士)
ライター:YOLO編集部

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE