Food

おつまみに困ったら…。混ぜればOKのポテサラが便利♪アレンジ術4

ワインに合う♪おしゃれなオトナのポテサラ♡

サイドメニューにもおつまみにもなるポテトサラダは、いつでもどこでも、みんなの人気者。王道のポテサラもいいけれど、家飲みやホームパーティーには、お酒に合わせて具や味付けを工夫してみるのも楽しいもの。シンプルなレシピゆえに懐が深いポテサラは、ワインに合うおしゃれなおつまみにだって、思うがままに姿を変えてくれます。ここでご紹介する4つのアレンジレシピは、ちょっぴり大人の味わいで、ワインのおともにもぴったり。簡単に作れるので、何種類か用意して食べ比べても楽しそう!

角切りチーズが味のポイント“オクラカレーポテサラ”

スパイシーなカレー味にチーズでコクをプラスして、風味豊かに仕上げたポテサラ。特に赤やスパークリングのワインと合わせるのがおすすめ。

【材料】(作りやすい分量)
ジャガイモ(中)…2個
オクラ…3本
ベビーチーズ…1個
黒コショウ…適宜
(A)マヨネーズ…大さじ1
(A)ケチャップ…大さじ1
(A)カレー粉…小さじ1

【作り方】
1 ジャガイモは皮をむき、ラップをかけて電子レンジで5分ほど加熱、フォークで潰して粗熱を取る。オクラは小口切り、ベビーチーズは角切りに。
2 1に(A)を加えて混ぜ、黒コショウをふる。

ピリッとした辛さがやみつきに “枝豆柚子胡椒ポテサラ”

マヨネーズに柚子胡椒を加えた、ピリッと辛い大人の味。赤、白、ロゼ、好きなワインを合わせて楽しんで。

【材料】(作りやすい分量)
ジャガイモ(中)…2個
ゆで枝豆(冷凍でok)…10さや
(A)マヨネーズ…大さじ2
(A)柚子胡椒…小さじ1/2
(A)酢…小さじ1/2

【作り方】
1 ジャガイモは皮をむき、ラップをかけて電子レンジで5分ほど加熱、フォークで潰して粗熱を取る。枝豆はさやから出す。
2 1に混ぜ合わせた(A)を加えてザックリとあえる。

豆の食感と味噌の風味が新しい“お豆とチーズの味噌ポテサラ”

大豆の食感と味噌の風味がアクセントになった、ボリューミーな一品。赤、白、ロゼ、スパークリング、どのワインにも合う万能選手。

【材料】(作りやすい分量)
ジャガイモ(中)…2個
大豆水煮…50g
七味唐辛子…適宜
(A)マヨネーズ…大さじ1
(A)味噌…小さじ1

【作り方】
1 ジャガイモは皮をむき、ラップをかけて電子レンジで5分ほど加熱、フォークで潰して粗熱を取る。
2 1に大豆、混ぜ合わせた(A)を加えてあえ、七味唐辛子をふる。

マヨなしでも大満足!“ウインナーマスタードポテサラ”

ウインナーを炒めた油ごと加えているので、マヨネーズなしでもおいしく、食べ応えも十分。どんなワインとも相性がよいので、覚えておくと重宝する。

【材料】(作りやすい分量)
ジャガイモ(中)…2個
粗挽きウインナー…3本
サラダ油…大さじ1
粒マスタード…大さじ1と1/2
塩…少々

【作り方】
1 ジャガイモは皮をむき、ラップをかけて電子レンジで5分ほど加熱、フォークで潰して粗熱を取る。ウインナーは輪切りにする。
2 フライパンに油を熱し、ウインナーを炒める。
3 1のジャガイモに粒マスタード、2のウインナーを炒めた油ごと加えて混ぜ合わせ、塩で味を整える。

年末年始にかけては、ワインを飲む機会の増える時期。新鮮な味わいのアレンジポテサラは、家飲みはもちろん、おもてなしや持ち寄りパーティーにも大活躍してくれるはず。ワイン片手にポテサラをつまんで、のんびり楽しいひとときを。

出典:『ワインに合うおうちバルレシピ123
ライター:夏井美波

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE