Food

アンチエイジング成分の宝庫、アボカドを器替わりに!超カンタン!オーブン焼きレシピ

2019/01/13

アボカドを器替わりに!後片付けの面倒がないグラタン料理♪

あつあつの具材やソースに、とろーり溶けたチーズがおいしいグラタン。でも、耐熱皿を用意したり、ソースやチーズがこびりついた耐熱皿を洗うのがちょっと面倒と思っていませんか?そんな人におすすめしたいのが、食材を耐熱皿がわりに使ってしまうことです。そうすれば、後かたづけの面倒臭さもいっさいなし!

今回ご紹介するレシピは耐熱皿がわりにアボカドを使用します。「森のバター」と称されるほど、アボカドの栄養価の高さは知られていますよね。ちょっと脂質が気になるという人もいるかもしれませんが、アボカドの脂質は、血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロールを減らす作用があるなど、とってもヘルシー。さらにアンチエイジング効果のある栄養成分もたっぷり含まれているのです。

ベイクドアボカド さけ&マヨ

最強の抗酸化成分である「アスタキサンチン」がたっぷりのさけをトッピングすることで、アボカドのアンチエイジング効果は倍増します。カロリーが気になる人は、マヨネーズの量は控えめにしてもOKです。

【材料】(1人分)
アボカド…1/2個
生さけ…50g
酒…小さじ1
塩・こしょう…各少々
マヨネーズ…適量

【作り方】
1 : さけは耐熱ボウルに入れて酒をふり、ラップをして500Wの電子レンジで2分加熱する。粗熱がとれたら皮と骨を除き、身を粗くほぐす。

2 : アボカドの種のくぼみに1 を入れ、塩、こしょうをふり、マヨネーズをかけて、210℃に温めたオーブンで約10分焼く。

ベイクドアボカド 焼きカレー

カレーのスパイスには代謝アップ効果が。また、うずらの卵には血液サラサラ効果のあるDHAが鶏卵の3倍以上含まれているのです。カレーが余ったら、ぜひ作ってみてくださいね!

【材料】材(1人分)
アボカド…1/2個
好みのカレー…100g
うずら卵…1個
粉チーズ…少々

【作り方】
1 : アボカドはスプーンで1㎝ほど果肉を残して実をすくい取り、1㎝角に切ってカレーと混ぜ合わせる。

2 : アボカドに1のカレーを入れ、くぼみを作ってうずら卵を割り落とす。粉チーズをふり、210℃に温めたオーブンで約10分焼く。

出典:『あつあつ グラタンとオーブン焼きの本
ライター:楠田圭子

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE