Food

モテる女子はこの武器を持っている!男子がグッとくるのはやっぱり煮物!

2019/02/11

だし汁にもこだわる!そのひと手間が、グッとくるポイント

一見、家庭的には見えないのに、じつはおいしい家庭料理をしっかり作れる。そのギャップが男子の心を掴みます。

モテ女子の最終兵器はやはり、家庭的な「煮物」。

ここでは、肉じゃがと並ぶ、煮物の定番、「筑前煮」をご紹介します。だし汁も自分で作ったものを使用することがポイントです。また、筑前煮に使う食材は、秋冬においしくなる野菜ばかり。秋冬のおかずとしてぴったりのレシピです。

派手さはないですが、女子力アピール度は満点の一品。得意料理の一つに加えておいて損なしですよ!

筑前煮

【材料】(4人分)
鶏もも肉…1枚
干ししいたけ…4個
れんこん…200g
ごぼう…1本
にんじん…1本
ゆでたけのこ…150g
こんにゃく…200g

A
だし汁(下記)…400ml
干ししいたけのもどし汁…150ml
砂糖…大さじ3
みりん…大さじ2
酒…大さじ3
しょうゆ…大さじ4

絹さや…4枚
ごま油…大さじ2
酢(酢水用)

【作り方】
1 干ししいたけは水(分量外)に1日くらい浸してもどす。もどし汁は150ml取っておく。皮をむいたれんこんと、たわしでこすって水洗いしたごぼうは一口大に切って酢水に15分ほど浸してアク抜きをする。鶏肉、皮をむいた、にんじん、たけのこは一口大に切る。こんにゃくは味がしみやすいようにスプーンで一口大に切り、熱湯にくぐらせて水気をきる。
2  鍋にごま油を熱し、鶏肉を中火でさっと炒めて取り出す。同じ鍋に絹さや以外の野菜、こんにゃくを入れ、油がなじむまで炒める。鶏肉を戻し入れてAを加え、ペーパータオルなどで落としぶたをして中火で1時間煮る。弱火にし、木べらで上下を入れ替えながら煮汁がほぼなくなるまで煮つめる。器に盛り、ゆでて斜め切りにした絹さやを飾る。

だし汁作りにもチャレンジ

自分で作っただし汁は、できあいのものにはないおいしさが。だし汁からすべて手作りの料理でもてなせば、女子力アピール度は倍増します!

【作り方】(作りやすい分量)
鍋に水800mlと昆布1枚(6~8㎝)を入れ、できれば30分おいて中火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出す。沸騰したら、削りがつお1つかみ(25g)を加えて弱火でひと煮立ちさせ、火を止める。削りがつおが沈んだら、ざるでこす(削りがつおは絞らない)。

出典 : 『繰り返し作りたくなる! 秋冬おかずBEST200』(レシピ考案 : 山田英季)
ライター : 楠田圭子

RECOMMEND