Food

簡単なのに「手間がかかっている感」満点! ○○をモテごはんの定番に!

2019/02/14

食にうるさい男子も納得の極上おもてなしレシピ

寒い季節の定番、煮込み料理って敷居が高いと思っていませんか?じつは、そんなことはないんです。鍋に食材を入れて、あとはじっくり煮込むだけ。手間がかかっていないわりには、おもてなし感は満点。

とくに女子力の高さをアピールできるのが、ビーフシチュー。普段、できあいのルーを使って作るビーフシチューとは、ひと味もふた味も違った味わい。トロトロの牛すじを使うことで、コクがアップ。食にうるさい男性の胃袋もガッチリつかめること、まちがいなしです。おもてなし感もよりいっそうアップしますよ!

牛すじのシチュー

【材料】(2人分)
牛すじ肉…400g
長ねぎ…1本
にんじん…1本
玉ねぎ…2個
マッシュルーム…6個
セロリ…1本
にんにく…2片

A
赤ワイン…750ml
ローリエ…2枚

B
トマトピューレ…150g
砂糖…大さじ1
塩…小さじ1
粗びきこしょう(黒)…適量

ひよこ豆(水煮缶詰)…100g
バター…40g
生クリーム…適量

【作り方】
1  牛すじは食べやすい大きさに切り、長ねぎは2㎝長さに切る。にんじんは小さめの乱切りに、玉ねぎは1個はみじん切りにし、残りはくし形切りにする。マッシュルームは石づきを切り、セロリはみじん切りにする。にんにくは包丁の背でつぶす。
2  鍋にバター30g、にんにく、みじん切りの玉ねぎ、セロリを入れ、きつね色になるまで弱火でじっくりと炒める。
3 フライパンを中火で熱し、牛すじを炒めて全体に焼き色をつけ、2の鍋に加える。同じフライパンにバター10gを加え、残りの野菜を加えてさっと炒め、2の鍋に加える。
4 鍋にAを加え、ふたをして弱火で1時間30分から2時間煮る。牛すじが柔らかくなったら、Bとひよこ豆を加えて混ぜ、さらに中火で15分煮る。器に盛って生クリームを回しかける。

おいしく作るポイント!

POINT1
牛すじは炒めて全体に焼き色をつけ、うまみを閉じ込めてから鍋に加えましょう。

POINT2
じっくり煮込んで牛すじが柔らかくなったら、残りの調味料とひよこ豆を加えて軽く煮込み、味をなじませます。

牛すじのシチューのおいしさをアップするライスを手作り!

ゲストも思わずうなるもうひと手間。シチューとともに供するライスにもひと手間かけてみましょう。

ジャスミンライス

(3合分)
ジャスミン米3合を軽く流水ですすいでざるに上げ、炊飯器の内釜に入れて3合の目盛りまで水を入れ、普通に炊く。

ガーリックライス

(2人分)
にんにくのみじん切り1片分をバター15g、塩、こしょう各少々で炒め、炊きたてのご飯300gに混ぜる。

パセリライス

(2人分)
炊きたてのご飯300gにパセリのみじん切り大さじ1を混ぜる。

バターライス

(2人分)
炊きたてのご飯300gにバター15g、塩小さじ1/4を混ぜる。

出典 : 『繰り返し作りたくなる! 秋冬おかずBEST200』(レシピ考案:山田英季、星野奈々子)
ライター : 楠田圭子

RECOMMEND