Food

実はおいしい!体作りに欠かせないプロテインの上手な摂り方

最近のプロテインはいろいろな味を楽しめる

プロテインが日本に広まり始めた1980~’90年代は、美味しくないのが当たり前でした。しかし現在は、ジュース感覚で飲めるフレーバーつきや、ゼリー状のものもあり、プロテインは「美味しいもの!」へと劇的な変化を遂げています。

プロテインパウダーにはチョコ味やココア味、ヨーグルト味や各種フルーツ味があり、水や牛乳に溶かして、そのままでも十分に飲むことができます。冷たい牛乳だとお腹を壊しやすいという人は、溶かした後にレンジで温めて飲んでも構いません。沸騰させるほど煮込んでしまうとプロテインの成分が壊れる可能性がありますが、ホットに温める程度なら問題ありません。

ダイエット中のおやつに最適なんです!

プロテインを料理に入れて摂取するというのも、一つの方法です。味のないパウダータイプであれば、シチューなどに入れてしまえば、普段の食事をしながら通常以上のたんぱく質を摂取できます。

一方で、人工的なフレーバーを食べることに抵抗を感じる人も少なくありません。そんな人は、野菜やフルーツと一緒にミキサーにプロテインを入れて、スムージーとして飲むことをオススメします。感覚的にも健康っぽさが感じられて、手に取りやすいのではないでしょうか。

また、チョコ味やフルーツ味のプロテインバウダーを入れたケーキを作ると、デザートとしても楽しめます。炭水化物や脂肪を抑えた高たんぱくケーキですから、ダイエット中の女性にはとくにうれしい〝おやつ〞になります。

出展:『世界一わかりやすいプロテインの本
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND