Food

お腹も満足のアンチエイジングスープ!おもてなし料理としても大活躍

2019/03/10

スープのメインディッシュはヘルシー&食べ過ぎ防止にも

スープというとサイドディッシュというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?でも、食材をちょっとぜいたくに使うだけでメインディッシュに早変わり。食べごたえも満点なので、ワンボウルディッシュでも、おなかは大満足。食べ過ぎも防げます。

今回紹介する「パッパアルポモドーロ 温玉のせ」はメインディッシュとして最高の、リッチなスープ。パンがゆとして親しまれているイタリアのトスカーナ地方の料理をスープにアレンジしたレシピです。スープが染みたパンのおいしさは抜群です。

見た目も豪華で、おもてなし料理としても大活躍。でも、じつはそんなに手間がかからずに作れるのです。そんなところもこのリッチスープの魅力!アンチエイジング野菜の王様、トマトがベースなのもうれしいポイントです。

パッパアルポモドーロ 温玉のせ

【材料】(2人分)
バゲット…50g
トマト缶(水煮缶詰、カットタイプ)…200g
にんにく…1片
玉ねぎ…100g
赤唐辛子…1本
塩…小さじ1/2
水…250ml
ウインナソーセージ…2本
こしょう…少々
オリーブ油…大さじ1
温泉卵(市販品)…2個
粉チーズ、イタリアンパセリ…各適量

【作り方】
1 にんにくと玉ねぎはみじん切りにする。
2 鍋にオリーブ油とにんにく、赤唐辛子を入れて火にかけ、香りが出たら玉ねぎ、塩小さじ1/6を加え、野菜の甘味が出るようにじっくり5分炒める。
3 トマトを加えて炒め、分量の水、ウインナを加え、沸騰したら弱火で5分煮込む。バゲットをちぎって加え、1~2分煮て残りの塩、こしょうで味を調える。器に盛り、温泉卵をのせ、粉チーズをふってイタリアンパセリを添える。

出典 : 『うまみたっぷり! リッチスープ』(著者 : 結城寿美江)
ライター : 楠田圭子

RECOMMEND