Food

パパッと作れてオシャレ!お弁当作るのが面倒な日におすすめの「のっけべんとう」

2019/03/13

市販のすき焼きのたれで作る!簡単なのにおいしいお弁当おかず2品

新学期や新年度を前に、「4月からお弁当生活がスタートする!」という人も多いかもしれませんね。あるいは、夏に向けたダイエットのために、お昼はお弁当にして体調管理をはじめる人もいるでしょう。

お弁当作らなくちゃ!と思うと、前日からメニューを考えたり、朝も早く起きて準備をして…と、つい力が入ってしまいますが、お弁当に無理は禁物!です。毎日作って続けることが大切でもあるので、できる範囲で無理せず、そして何より楽しんで作ることを忘れないでくださいね。

とはいっても、「お弁当作るの面倒だな…」という日もやってきます。そんなときはおかずをのっけるだけで完成する丼弁当がおすすめです。

ご紹介するのは、ゆでるだけ、煮るだけで作れる和風丼弁当。市販のすき焼きのたれを使うので、煮込む時間も少なく済むから手間もほとんどいりません。ゆで卵やゆでにんじんが彩りを添えて、のっけただけとは思えないほど見た目も華やか!

こんな上手な手抜きテクニックをもっておくと、毎日のお弁当作りも無理なく続けられそうですね。ぜひ覚えてみてください。

のっけるだけの丼べんとうの作り方

牛すき煮

【材料】(1人分)
牛薄切り肉…100g
春菊…2株
焼き豆腐…1/3丁
結びしらたき…2個
すき焼きのたれ…80ml

【作り方】
1 すき焼きのたれをフライパンに入れて温める。2等分にした焼き豆腐、しらたきを入れ、上下を返しながら3分ほど加熱する。
2 1に牛肉(大きい場合は食べやすく切る)と3cm幅に切った春菊を加え、火が通るまで加熱する。

塩ゆでにんじん

【材料】(1人分)
にんじん(好みの型で抜いたもの)…3~4枚
水…400ml
塩…少々

【作り方】
1 小さめの鍋に水を入れ、型抜きしたにんじんと塩を入れて火にかけ、好みのかたさになるまでゆでる。

出典:『ゆるべんとうレシピ』(著者:平岡淳子)
ライター:酒井あやこ

RECOMMEND