Food

お弁当にもおつまみにも大活躍のギルトフリーレシピ

2019/03/30

魚介はダイエット中も安心!絶品の組み合わせおかず

ダイエット=我慢という方法はストレスも溜まるので、できれば避けたいところ。長く続けるためには、食べて痩せることが大切です。そして、その食事はおいしいほうが良いですよね。今回は、「たら×卵とチーズ」、「さんま×しそ」の組み合わせで、魚介がグッと美味しくなる痩せおかずをご紹介します。

魚介は、全体的に高タンパク&低糖質。ダイエット中も安心して食べてOKです!お酒にも合うので、おつまみとしても活躍しそう。時間があるときに作りおきしておくと、忙しい日のお助けおかずになりますよ。

たらのチーズピカタ
お弁当にぴったり!淡泊な白身魚に糖質の少ない卵の衣をつけて焼きます。

糖質3.6g、185kcal
★糖質量、エネルギー量は1人分です。
冷蔵で3~4日、冷凍で1~2週間保存可

【材料】4人分(12個分)
生たら…4切れ(400g)
塩・こしょう…各少々
薄力粉…適量
卵…2個
粉チーズ・パセリのみじん切り…各大さじ2
マヨネーズ…大さじ1/2
サラダ油…大さじ1

【作り方】
1 たらはペーパータオルにはさんで余分な水気を取り、3等分のそぎ切りにする。塩、こしょうをふり、薄力粉をまぶす。
2 ボウルに卵を溶きほぐし、粉チーズとパセリ、マヨネーズを加えて混ぜる。
3 フライパンにサラダ油を熱し、たらを2の卵液にくぐらせて並べ入れ、中火で焼く。焼き色がついたら裏返し、こんがりと焼き色をつけて火を通す。
(レシピ:金丸絵里加)

さんまのしそロール焼き
おつまみにもなる、やせるおかず。 香ばしく焼いたさんまにお酒も進みます。

糖質1.7g、178kcal
★糖質量、エネルギー量は1個分です。
冷蔵で3~4日、冷凍で1~2週間保存可

【材料】4人分(4個分)
さんま(3枚におろしたもの)…2尾分(200g)
塩・こしょう…各少々
青じそ…4枚
薄力粉…適量
サラダ油…大さじ1/2

【作り方】
1 さんまは中央の小骨を抜いて塩、こしょうをふる。青じそを半分に切ってさんまの身のほうにのせ、手前からくるくると巻いて楊枝でとめる。残りも同様に作る。
2 1の表面に薄力粉をまぶし、サラダ油を熱したフライパンに並べ、こんがりと色づくまで焼く。裏返し、ふたをして2~3分蒸し焼きにし、ふたを取って中火でころがしながら焼き目をつける。
★器に盛るときは青じそを敷き、レモンのくし形切りを添えても。
(レシピ:金丸絵里加)

出典:『やせるおかずBEST200
ライター:YOLO編集部(マスヤマ)

RECOMMEND