Food

ワザあり調理でさつま揚げがお弁当の主役に♪

2019/05/06

たった数分調理でさつま揚げのおいしさがアップ

さつま揚げは何もないときの救世主的な食材です。煮ても、焼いても、どんな調理方法とも相性抜群。食べごたえもあるので、お弁当にちょっとボリュームをもたせたいとき、すき間が気になるときのかさ増しにも大活躍してくれます♪

さらに、火を通さなくても食べられる食材なので、手間なし調理でOK!これも、さつま揚げがお弁当おかずにぴったりの理由。とはいえ、サッと焼くだけじゃ味気ない。そこで、ちょっとひと手間をかけたさつま揚げレシピをご紹介。

さつま揚げの煮ものは、うまみがあるので満足感がたっぷり。さつま揚げのチーズサンドは、チーズをはさんでレンジにかければ完成!どちらも数分調理とは思えない、ちょっと手をかけた風のおかずに早変わりします。

さつま揚げの煮もの

【材料】(1人分)
さつま揚げ…2枚
麺つゆ(希釈したもの)…100ml

【作り方】
1 小鍋に麺つゆとさつま揚げを入れ、強めの中火にかけて3分煮る。
2 そのまま冷まし、食べやすい大きさに切る。

他のおかずは、麻婆なすピーマン、ゆで卵に七味唐辛子をかけたもの。

さつま揚げのチーズサンド

【材料】(1~2人分)
さつま揚げ…2枚
プロセスチーズ(5mmスライス)…1枚

【作り方】
1 さつま揚げでチーズをはさむ。
2 1をラップで包み、600Wの電子レンジで40秒加熱する。そのまま冷ます。
3 しっかり冷めたら、半分に切り、断面を上にして盛りつける。

他のおかずは、卵焼き、いんげんの麻婆肉あえ。

出典:『繰り返し作りたくなる! ラク弁当レシピスペシャル』(著者:長谷川りえ)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND