Food

王道だけどやっぱり重宝!きんぴらごぼうのバリエーションおかず3品

2019/05/07

アレンジレシピでラク旨弁があっという間に完成

作りおきができるおかずは忙しい朝のお弁当作りに大助かり。そんなお助けレシピが、お弁当おかずの定番「きんぴらごぼう」です。プラスαのおかずが欲しいというときに重宝しますよね。

でも、お弁当の隅に、すき間を埋めるためにきんぴらごぼうを詰めているだけという人は多いのでは?それはもったいない。きんぴらごぼうは、アレンジのバリエーションがとっても豊富。合わせる食材によっては、脇役から主役になってくれるのです。

炒めものや卵焼きの具として使えば、うまみがグンとアップ。あっという間に、もう一品が作れてしまうのです。さっそくきんぴらごぼうを作って、冷蔵庫にストックしましょう!

きんぴらごぼう
冷蔵で5日保存可

【材料】(作りやすい分量)
ごぼう・にんじん…各1本

A
しょうゆ…大さじ1と1/2
みりん…大さじ1
砂糖…小さじ1

ごま油…小さじ2

【作り方】
1 ごぼうはたわしで皮を洗い、にんじんとともに細切りにする。ごぼうは水をたっぷり張ったボウルに入れてアクを抜き、ざるに上げて水気をきる。
2 フライパンにごま油を熱し、中火で1をよく炒める。しんなりしたらAを加え、汁気がほとんどなくなるまで炒める。

他のおかずは、新玉ねぎ、ピーマン、ウインナ炒め、卵サラダ、プチトマト。ご飯はのり段々。

きんぴらごぼうアレンジレシピにトライ!

きんぴら肉炒め

【材料(1人分)と作り方】
フライパンにサラダ油少々を熱し、豚切り落とし肉40gを炒め、塩、こしょう各少々をする。火が通ったら、オイスターソース小さじ1/2を加えて炒め、きんぴらごぼう30gを加えて軽く炒め合わせる。

副菜は、卵焼き、ゆでブロッコリー。

きんぴら卵焼き

【材料(1人分)と作り方】
ボウルに卵2個を割りほぐし、みりん小さじ2を加えて混ぜる。フライパンにサラダ油少々を熱し、下記の卵焼きの作り方1~2と同様に焼き、8割ほど火が通ったら弱火にし、きんぴらごぼう10gを手前にのせて巻く。

他のおかずは、レンジ牛煮、ゆでブロッコリー、プチトマト。

卵焼きの作り方もマスター♪

卵焼き

ほんのり甘い、やさしい味の卵焼き。卵液を入れたら一気に巻き上げましょう。

【材料】(作りやすい分量)
卵…2個
みりん…小さじ2
しょうゆ(または麺つゆ)…少々
サラダ油…少々

【作り方】
1 卵をボウルに割りほぐし、みりんとしょうゆを加えて混ぜる。卵焼き用フライパンにサラダ油をなじませて熱し、箸で卵液少々をたらして熱くなったのを確認したら(ジュワッと弾ければOK)、卵液を一気に流し入れる。
2 箸で全体を大きくかき混ぜ、同じ厚さになるように整える。火が通っていない部分を箸でつついて火を通す。
3 8割ほど火が通ったら弱火にし、奥から1/3くらいのところまで巻く。
4 3と同様にしてあと2回巻く。
5 巻き終わったら裏返して火を止め、そのまま粗熱を取りながら、余熱で完全に火を通す。しっかりとした弾力があればOK。

出典:『繰り返し作りたくなる! ラク弁当レシピスペシャル』(著者:長谷川りえ)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND