Food

ダイエット中の食材置き換えテク!皮なし餃子で糖質オフ

2019/05/20

パリパリ油揚げで、おいしさもアップ

餃子は太るレシピの代表です。その原因は、皮!餃子の皮は薄いため無頓着になりがちですが、ちょっと食べ過ぎれば、うどん1杯分くらいの量の炭水化物をあっという間にとってしまうことに…。

餃子の具自体は、肉や野菜をたっぷりとれるのでヘルシー。ちょっと残念ですよね。そんなときに使ってほしいのが、食材置き換えテクニックです。

餃子の皮を使わず、代用として油揚げを使います。さらに、具にもひと工夫。高タンパクで牛や豚よりも低脂質の鶏肉を使用。豆腐を混ぜ込むことで使用量も減らします。これで、さらに高タンパク、低脂質のヘルシーな具にすることができます。これで、ダイエット中の人でも安心して食べられます♪

油揚げのパリパリの食感で、皮なしでも大満足の食べごたえ。野菜不足を感じたら野菜をちょっと多めにするなど、アレンジも自在です。

おつまみに、夕食のおかずとしても活躍してくれる、超ヘルシーレシピです!

お揚げ餃子
329kcal/1人分

【材料】(1人分)
油揚げ…1枚

A
木綿豆腐…1/4丁
鶏ひき肉…60g
ニラ(みじん切り)…1/4束(約40g)
ニンニク、ショウガ(みじん切り)…各1/2片
しょうゆ…小さじ1
ごま油…小さじ1/2

【作り方】
1 油揚げは長さを半分に切り、袋状に開く。豆腐はちぎってザルにのせ10分ほど置いて水気をきる。
2 Aをしっかりと混ぜ合わせ。油揚げに詰める。
3 フライパンを熱し、2を両面こんがりと焼き、半分に切る。

出典:『食べても太らない簡単スゴ技』(レシピ考案:藤岡操)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND