Food

肉料理大好きダイエッターの味方はあの食材♪

2019/06/06

罪悪感なしのハンバーグを作りたいなら…

肉料理の代表選手といえば、ハンバーグ。でも、ひき肉をたっぷりと使ったハンバーグは脂質が多く、とってもカロリーが高いのです。この大問題を解決する食材が、エノキダケ。みじん切りにしたエノキダケをたっぷりとひき肉に混ぜ込むことで、ひき肉の使用量を大幅カット。これで、脂質摂取量も大幅に減らせます。

ここでちょっと気になるのは、焼いたときにボロボロにならないかということ。じつは、エノキダケはみじん切りをすることで独特の粘りが出て、それがつなぎがわりに!ボロボロ問題も心配なしです。シャキシャキした食感でおいしさもアップ。つなぎのパン粉もいらないので、糖質もカットできるといううれしい相乗効果も。

エノキダケは食物繊維もたっぷりなので、便秘改善にも効果的。食物繊維不足を感じるときのメインディッシュとしてもおすすめです。

つけ合わせに水菜だけではなく、大きめにカットしたキャベツやセロリなど、歯ごたえのある野菜をたっぷり添えれば、満腹感をさらにアップさせられます!

えのきバーグ
153kcal/1人分

【材料】(2人分)
豚ひき肉…100g
エノキダケ…1/4株(約40g)
味噌、しょうゆ…各小さじ1/2
ショウガ…1/2片
酒…小さじ1
ごま油…小さじ1
水菜…適量(1株)
ポン酢…小さじ1/2

【作り方】
1 エノキダケ、ショウガはみじん切りにする。
2 ボウルにひき肉、1、味噌、しょうゆ、酒を入れてよく練り、2等分に分けて平らに丸める。
3 フライパンにごま油を熱し、2を焼く。蓋をして片面5分ずつこんがりと焼いたら、器に盛り、食べやすく切った水菜を添え、ポン酢をかける。

出典:『食べても太らない簡単スゴ技』(レシピ考案:藤岡操)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND