Food

低カロリーで高栄養!ダイエット中に食べたい優秀野菜♪

マッシュルームのビタミンBが脂肪の燃焼を活発化

きのこ類のなかでも特にカロリーが低く、ビタミンB2が脂肪の燃焼を活発化させてくれるのがマッシュルームの特徴です。マッシュルームの主成分はβ-グルカンと呼ばれるファイトケミカル。摂取すると白血球の働きを助けて免疫細胞を活性化させるため、免疫力アップにも有効です。ガンや生活習慣病を予防する効果も見逃せません。ビタミンB群のひとつであるパントテン酸も豊富で、皮膚や粘膜の病気を予防してくれます。

このパントテン酸は熱に弱い性質を持っているので、料理の際は、できるだけ加熱調理は避けましょう。旨味成分のグルタミン酸の含有量も豊富なので、生食でサラダにしたり、酢であえてマリネにしてもおいしくいただけます。

自宅で保存するときは、カットした断面から酸化が進むので、すぐに使用しないときは切らずにまるごとラップで包んで冷蔵庫で保存しましょう。また、水分が残っていると日持ちせず傷みやすくなってしまいます。食べる直前に洗うのがベストです。

あらゆる効能を秘め、カロリーも低くダイエット食材としても有効なハクサイ

あらゆる効能を秘めた淡色野菜として知られるハクサイ。食物繊維が豊富で、便秘解消にもオススメ。カロリーも低くダイエット食材としても有効です。辛味成分のアリルイソチオシアネートは、ガン予防の効果をはじめとして、消化促進、血栓の予防、代謝の向上などさまざまな面で効果を発揮します。免疫力をアップさせるビタミンCも豊富なので風邪予防や美肌効果も◎。さらに、カリウムが余分なナトリウムを体の外に排出してくれるので高血圧の予防効果も得られます。

食事の際は、水溶性のビタミンCやカリウムの流失を防ぐために、鍋物やスープにして煮汁ごといただくのがベスト。豚肉などのビタミンB1が含まれている食材を一緒に摂取すれば、疲労回復効果を高めることもできます。

購入してまるごとすぐに保存するときは、キッチンペーパーで包んで冷暗所に収めましょう。使い切れずに余ってしまったものなどのカットしたものは、ラップで包んだり、ポリ袋に入れたりなどして冷蔵庫の野菜室へ収めましょう。

出典:『色と食材の食事術』、監修/星野春香(管理栄養士
ライター:YOLO編集部

RECOMMEND