Food

バイバイ、夏の肌荒れ!リンゴと〇〇を食べるだけの美肌促進プロジェクト

2019/08/15

ポリフェノールが豊富で美肌をサポートしてくれるリンゴ

フィットネスやスポーツの後に摂取したくなる、とても身近なフルーツ、それがリンゴです。リンゴは、ビタミンCのほか、ポリフェノールが豊富で栄養価抜群の健康果物。美肌効果だけでなく、動脈硬化予防も期待できます。リンゴの皮には赤い色素成分のアントシアニン、果肉にはフラボノイドを備えるなど、豊富なファイトケミカルが魅力です。活性酸素の働きを抑制し、動脈硬化、ガン、生活習慣病といった病気の予防に一役買ってくれます。酸味のもとであるクエン酸やリンゴ酸は、カラダにたまった疲労の回復を手助けする効果も。

果肉だけでなく皮付近にも栄養成分がつまっているので、なるべく皮も捨てずにいただきましょう。この皮付近には食物繊維のペクチンが含まれていて、便秘を解消して老廃物の排出を促進させてくれます。皮ごとそのままかじってもOKですが、すり下ろしてヨーグルトにトッピングしたりジャムやジュースに加工してもいいでしょう。

自宅で保存する際は、温度差に弱いため、春〜秋はポリ袋に入れて冷蔵庫で保存。冬場は外気で保存しましょう。未熟なものを購入した場合はキウイフルーツや柿など他のフルーツと一緒にポリ袋に入れて常温で追熟させるといいでしょう。

リンゴと一緒に保存すれば長期保存しやすい、あるイモ類が美肌に効果

リンゴと一緒に長期保存しやすいイモ類を知っていますか?答えはジャガイモです。自宅でまるごと保存する場合は、空気穴を開けたポリ袋に入れて冷暗所で保存するのがベター。それよりも長期間保存したいときは、同じ袋にリンゴを入れればいいのです。なぜなら、リンゴのエチレンガスが作用して、発芽のスピードを抑えることができるのです。

リンゴとは保存の相性もいいジャガイモの成分について語ると、リンゴの約5倍ものビタミンCを内包し、美肌の維持にも効果が期待できます。ジャガイモのビタミンCはでんぷんに包まれているので加熱にも強い特徴があります。さらに、ジャガイモの皮にある、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は抗酸化作用を持っていて、老化を防止したり体内の血糖値上昇を抑制する働きを持っているのも特徴です。

ジャガイモを調理するときは、皮ごと煮たりゆでたりしてから皮をむくことで、水っぽくならずに栄養価や風味をそのまま料理に活かすことができます。あっさりとした味わいが特徴なので、どんな食材ともマッチします。食べても低カロリーで糖分も少なめ、主成分は炭水化物なので腹持ちがいいのも嬉しいかぎりです。

出典:『色と食材の食事術』、監修/星野春香(管理栄養士)

ライター:YOLO編集部

RECOMMEND