Health & Beauty

汗を拭き取ると、熱中症リスクが高まるって知ってた?

2019/08/22

「汗は濡れタオルで拭く」がベスト

梅雨があけて急に暑くなった時期に要注意なのが、熱中症です。熱中症はお年寄りのかかるものと思っている人も多いようですが、それは大間違い!じつは、熱中症で救急搬送される若年層の割合は想像以上に多いのです。

熱中症を引き起こす最大の環境要因は、「温度」と「湿度」です。とくに、湿度は軽視しがちな要因です。湿度が高いと、蒸発することで体にこもった熱を放散する働きをもつ汗が蒸発できなくなります。その結果、体温が異常に上昇してしまうのです。そのため、蒸し暑さがひどいときにはとくに注意が必要です。

汗を拭くときも、乾いた布できれいに拭き取ってしまうのではなく、肌に少し汗が残る程度にすることが熱中症を防ぐコツ。どうしても気持ちが悪い場合は、濡れタオルで軽く汗を拭くのがおすすめです。

熱中症を防ぐ大前提は、「高温多湿の環境に身を置かない」ことです。さらに、日差しや照り返しの強い場所、風がない場所も熱中症のリスクを高める環境です。できる限りこうした環境を避けることも重要となります。

知っておいてほしいのは、室内でも住環境が悪ければ、熱中症に陥る可能性が十分あることです。室温が30℃を上回ったら危険です。エアコンを使ってしっかり室温調整をしましょう。

また、体調の良し悪しや、持病の有無など、ほかの要因も関わってきます。疲れがたまっていたり、体調が悪かったりすると熱中症に陥るリスクは高まります。ニュースで熱中症の注意喚起がされているような日には、自分の体からの声に耳を傾けてみてくださいね。体の異変を少しでも感じたら、高温多湿の場所に長時間身を置かないようにしましょう。

ちなみに、体内に水分をためておくタンク機能をもつ筋肉の量が少ない女性は、熱中症のリスクが高いといわれています。日頃から運動をして、筋肉量を維持することもとても大事なことなのです。

こんなとき、こんな場所では、熱中症に要注意!

□風があまりない、無風のとき
□地面の照り返しが強い場所
□日陰のない場所
□熱帯夜(25℃を下回らない場合)とスーパー熱帯夜(27℃を下回らない場合)
□急に暑くなったとき(梅雨の合間の晴れや、急激に蒸し暑くなったときなど)
□風通しが悪い室内
□室温30℃、湿度60~70%のとき
□風呂、洗面所、台所、トイレ
□マンションなどの気密性の高い家
□西日が当たる部屋
□ガラス張りのオフィスなど

出典:『医者が教える熱中症対策』(監修:医療法人三九会三九朗病院循環器内科専門医・医学博士 伊藤重範)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND