Food

カリッ、ジュワ~!餃子をおいしくヘルシーに作るコツ♪

2019/11/13

パリパリ、モチモチの餃子もお手のもの!

餃子はご飯のおかずとして、お酒のつまみとして大活躍してくれるレシピです。包む具材が自由自在。具材のバリエーションが豊富なので、飽きずに食べられますよね。さらに、焼く、蒸す、揚げる、ゆでるなど、調理のバリエーションも豊富なところも魅力です。

でも、餃子はトレ女のNGフードでは…という心配も、具材に工夫をすれば問題なし!ダイエット中ならローカロリー食材オンリーに、タンパク質不足を感じたら肉を多めに、野菜不足を感じたら野菜メインにと、包む具材を調整すれば、トレ女でも安心して食べられる超ヘルシーフードに早変わりしてくれる、便利レシピなのです。

ただし、ベタベタになってしまったり、フライパンにくっついてしまったりと、餃子作りは意外と難しいですよね?そこで、ここでは餃子のおいしい作り方、焼き方、ゆで方をご紹介。ちょっとしたコツをマスターするだけで、お店で食べる餃子に負けない、完成度の高い餃子が作れてしまいます♪

餃子のおいしい作り方のポイント
肉だねはねばりを出し、調味料、野菜を順に加えて混ぜます。たったこれだけで絶品の餃子に。混ぜたら水分が出ないうちにすぐに包んで調理するのもおいしさの秘訣です。

POINT1
たねは基本、肉、調味料、野菜の順に混ぜる!

まずは肉に塩を加え、よく練り混ぜます。ねばりが出たら調味料を数回に分けて加え、少しずつなじませます。こうすると肉の脂が調味料の水分を吸いやすく、肉だねがふわふわの状態に。ボウルのまわりが白くなるくらい混ぜたら、最後に野菜を加え、全体に軽く混ぜれば肉だねの完成です。

POINT2
水分が出ないうちにすぐ包み、すぐ調理する!

肉だねに野菜を混ぜるとすぐに水分が出てくるので、手早く包んで調理します。包み方は基本の包み方以外にもさまざまなパターンがあるので、好みの形で。調理も焼く、ゆでる、揚げる、蒸すなど、具材に合わせて楽しめます。

おいしい餃子の焼き方

1 フライパンにサラダ油を引いて餃子を並べる。熱湯を加えてふたをし、強めの中火で5分ほど蒸し焼きにする。
★熱湯は餃子の六から七分目の高さまで注ぐのが目安。
2 フライパンの中の水分がほとんどなくなったらふたを取り、強めの中火で完全に水分をとばす。
3 ごま油を全体に回しかけ、カリッと皮に焼き色をつけて仕上げる。

応用レシピにも挑戦!
ダイエッターにも安心♪の「もやし棒餃子」の作り方もぜひチェックを
記事はこちら>>https://yolo.style/fo_ei191110_005/

おいしい餃子のゆで方

1 鍋にたっぷりの湯を入れて沸かし、油と塩を加える。
★油を加えることで、餃子がくっつきにくくなり、お湯の温度も下がりにくくなります。
2 餃子を入れ、強めの中火で大きく混ぜながらゆでる。浮き上がってきたらさらに2分ゆでる。
★湯の温度が下がらないよう、餃子は一度にゆですぎないようにします。
3 穴じゃくしなどで取り出し、器に盛る。
★ゆで汁少量をかけるとしっとりした皮の食感が保たれます。

出典:『うまい!簡単!失敗なし! 餃子、春巻きレシピ』(著者:堤人美)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND