Food

うまみの宝庫!栄養満点スープで朝から体を温めよう♪

食材のハーモニーがたまらない!

ポルトガル料理といわれても、フレンチやイタリアンとは異なり、すぐに「これ」という料理が思いつかないという人も多いのではないでしょうか?一見、特徴がないように思われるポルトガル料理ですが、自宅でも作れる素朴な料理がいっぱいあるのです。

そんなポルトガル料理の魅力は、「素材のおいしさの生かし方」にあります。素材のうまみをそのままスープに!調理法はシンプルなのに、おいしさは抜群。忙しい人でも、おいしい料理が難なく作れてしまうのがうれしいポイントです。

ここでご紹介するレシピは、ポルトガルに伝わる民話から生まれた、「石のスープ」という名の具だくさんスープです。ソーセージとたっぷりの角切り野菜、豆が入るのが特徴です。うまみをもつ食材をミックスすることで、食材同士の掛け算が成立!驚くほどうまみの詰まったスープです。

石のスープ

【材料】(2人分)
ウインナソーセージ…1本
じゃが芋…1個
ピーマン…1/2個
セロリ・にんじん…各1/4本
玉ねぎ…1/4個

A
にんにく…1/2片
ローリエ…1枚
オリーブ油…小さじ2

キドニービーンズ、ひよこ豆など好みの豆の水煮…100g

B
チキンスープの素(顆粒)…小さじ1
塩…小さじ1/4
こしょう…少々

水…400ml
塩・こしょう…各適量

【作り方】
1 じゃが芋は皮をむいて1.5cm角に切り、水(分量外)に放す。Aのにんにくは包丁の腹でつぶす。ほかの野菜は1cm角に切り、ソーセージは小口切りにする。
2 鍋にAを入れて弱火にかけ、香りがしたらセロリ、にんじん、玉ねぎを加えて炒める。玉ねぎの角が透き通ったら中火にし、ソーセージ、水気をきったじゃが芋、豆を加えて炒める。全体に油がまわったらBを加えて混ぜ、分量の水を加える。強火にし、煮立ったらふたをすき間をあけてのせ、弱火で15分煮る。
3 2にピーマンを加えて5分煮、塩、こしょうで味を調え、あればオレガノ(乾燥)適量を散らす。

出典:『ポルトガル流驚きの素材組み合わせ術! 魔法のごはん』(著者:栗山真由美)

ライター:楠田圭子

RECOMMEND