Food

貧血や美腸に効く♪ほっとおいしい和の煮込み料理

塩さけ+きのこ+酒粕の組み合わせは最強!

肌荒れや、肌のくすみ、太りやすい、痩せにくい…。そんな女性のキレイを阻む問題を引き起こす原因となるのが、貧血と腸のコンディション不良です。そこでおすすめしたいのが、さけ(鮭)やきのこ、発酵食品を摂ることです。

ここでご紹介する「塩さけときのこの酒粕煮込み」は、さけ(鮭)、きのこと発酵食品が一気に摂れる、最強レシピです。

塩さけは、悪玉コレステロールを減らして、血液をサラサラにする良質な油であるDHA・EPA、赤血球を作り出すビタミンB12が豊富なヘルシー食材です。また、エリンギは腸内環境を整える食物繊維がたっぷり。そこに、発酵食品の酒粕とみそをプラス。貧血と腸のコンディション改善をサポートしてくれます。

酒粕でほのかな甘味と風味を、みそでコクを加えた和風の煮込みのおいしさは格別。温かい煮込みは体を芯から温めてくれるので、冷えの改善も期待できますよ。どの食材もスーパーで手に入りやすいことや、フライパン一つで作れる手軽さも嬉しいですよね。

塩さけときのこの酒粕煮込み

【材料】(4人分)
塩さけ(甘口)…4切れ
エリンギ・まいたけ…各1パック
水…200ml

A
酒粕…50g
みそ…大さじ2

【作り方】
1 エリンギは長ければ半分に切り、まいたけとともに食べやすく裂く。
2 フライパンに水とさけを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして1を加える。
3 さけに火が通ったら混ぜ合わせたAをフライパンの煮汁で溶き入れ、ひと煮立ちさせる。

POINT
フライパンから煮汁を取り分け、酒粕とみそを溶かしてから加えると、味が全体によくなじみます。

出典:『煮込みの本』(著者:中川たま)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND