Food

ダイエット中のおやつにピッタリ!あの食材を使ったマフィン♪

2020/03/24

きな粉とあんこのタッグは最強!

ダイエット中のツラさを痛感するのは、おやつの時間ではないでしょうか?とくに甘いもの好きにはおやつタイムはツラい!そんな人におすすめなのが、ここでご紹介する「きな粉とあんこのマフィン」です。パカッと割ると粒あんが顔を出す、きな粉まんじゅうのようなマフィンです。

きな粉は、タンパク質と食物繊維、糖質の代謝を促すビタミンB1も豊富に含まれている、ダイエットサポート栄養素の宝庫です。小豆も食物繊維や、ポリフェノール、ビタミンB1など、美容成分が凝縮された食材。この二つの食材のタッグはダイエッターの心強い味方!

ちなみに、マフィンを作るのはちょっと面倒と感じるかもしれませんが、ここでご紹介するマフィンは、ボウルに材料を入れ、材料を順に混ぜて、型に入れて焼くだけ。全行程が1時間程度で済んでしまうという手軽さです。お菓子作りが苦手な人でも簡単に作れてしまうはずです。

きな粉とあんこのマフィン
【材料】(直径7㎝のマフィン型10個分)
A
薄力粉…120g
きな粉…70g
ベーキングパウダー…小さじ1と1/2

無塩バター…120g
上白糖…50g
卵…1個
卵黄…1個分
牛乳…90ml
粒あん…150g

【準備】
・バターは軽く押すと指先が入るくらいまで室温において柔らかくする。
・粒あんは10等分して丸める。
・Aは合わせてふるう。卵、卵黄は合わせて溶きほぐす。
・オーブンは180℃に温める。型に紙カップをセットする。

【作り方】
1 下記の基本のマフィンの作り方の1~2の要領で、バターと上白糖を混ぜる。卵と卵黄を4~5回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。4~8の要領で粉類の半量、牛乳の半量、残りの粉類、残りの牛乳の順に加えて混ぜる。
2 1を絞り袋で型の高さの1/3まで絞り出して粒あんを1個ずつ入れ、残りの1を八分目まで入れる。11~12の要領で180℃のオーブンで約25分焼く。

基本のマフィンの作り方
1 ボウルにバター、上白糖を入れ、ハンドミキサーで全体をすり混ぜる。
2 白くなるまですり混ぜる。
★途中、ボウルの内側に飛び散ったバターをゴムべらでまとめながら撹拌します。
3 2に溶いた卵を3~4回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。
4 3に粉類の半量を加え、ゴムべらで切るように混ぜ合わせる。
5 粉っぽさがなくなったら、牛乳の半量を加える。
6 5をゴムべらでさらに混ぜる。
7 6が混ざったら、残りの粉類を加えて混ぜる。
8 7が8割がた混ざったら、残りの牛乳も加えて合わせる。
9 絞り袋(口金はつけない)にゴムべらで入れる。
★具材の入った生地の場合は袋の口に詰まることがあるので、10でスプーンで型に入れます。
10 紙カップをセットしたマフィン型に等分に八分目くらいまで絞り入れる。
11 180℃のオーブンで25~30分焼く。
12 型から取り出し、ケーキクーラーなどにのせて冷ます。

おいしく作るポイント
きな粉と粉類を合わせてふるい、だまをなくして均一なきな粉生地にします。生地はあふれないように型の高さの1/3まで入れ、粒あんを押し込むように入れて残りの生地を八分目まで入れると、あんがちょうどよい位置に収まります。

出典:『スコーン&マフィンレシピ』(レシピ考案:齋藤真紀)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND