YOLO

Food

外食、コンビニ…メニュー選びのポイントは、○○が見えるもの!

これだけで、代謝がスムーズになって痩せる人も!

話題のスイーツに、限定メニュー、レジの横にはこんがり揚がったフライドチキン……。

今日は仕事頑張ったし、明日はトレーニングをするからいいかな……。なんて誘惑に負けていては、いくらトレーニングに励んでも効果が台無しになることも。外食やコンビニを活用する際は、メニュー選びの基準をしっかり持っておくことが大切です。

でも、カロリーや栄養成分を細かくチェックして……というのは大変ですよね。そこでわかりやすい基準となるのが「素材が見えるメニュー」です。

例えば、カレーライスの場合、ルウを見ても小麦粉や脂は見えませんが、サバの塩焼きなら素材がサバだとすぐわかります。豚骨ラーメンのスープを見ても脂は見えませんが、ざるそばなら素材がそばだと一目瞭然。ポテトサラダに入っているマヨネーズの量は見えないけれど、枝豆ならマヨネーズが入っていないとすぐわかりますね。

拍子抜けするほどカンタン!でも、これを実践するだけで、合成添加物や不要な栄養成分を大幅にカットすることが可能。おまけに代謝がスムーズになって痩せた!という人も実はたくさんいるんです。

素材丸見え!こんなメニューがGOOD

【外食編】
味付けもシンプルな焼き魚定食
トレーニングデー以外はごはんは小盛りに

サバやアジ、サンマ、鮭などの焼き魚定食は、味付けもシンプルなので安心。野菜のおかずや味噌汁も必ずついていて、栄養バランスがいいのも嬉しい。素材が見える刺身定食や赤身肉のグリル定食でもOK。

【コンビニ編】
そばは優秀なタンパク源
タンパク源入りの野菜サラダを添えて

主食、タンパク源、野菜のおかずの三つを揃えるのが鉄則。そばはタンパク質を多く含むので、筋トレデーはしっかり食べてもOKですが、普段の日はミニサイズを選ぶのがベター。

コンビニと外食のお手本メニューを紹介しましたが、居酒屋だって実践可能です。冷や奴、塩焼き鳥、モズク酢、だし巻き卵、ステーキだって素材丸見え!素材が見えない料理も、何が使われているかを考えたり、調べたり、質問するなどの習慣を身につけるだけで、食生活は自然と改善されます。

自分のカラダは自分が食べたものでできています。一食、ひと口を大事にする気持ちを大切にすれば、カラダはきっと少しずつ変わってくるでしょう。

出典:『女子のためのずぼら筋トレ

ライター:藤岡操

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE