Food

旬の野菜はその時期に食べてこそ意味がある!カボチャの豆乳ポタージュ

体を温める食材を知ろう

野菜や果物などの植物は、地方の気候に合った(人間が無理なく暮らせるような)性質を持っています。寒い地方が原産であれば体を温める質を持ち、暑い地方のものは体を冷やしてくれる質のものが生まれてきます。
日本で言えば、東北や北海道などの寒冷地でよく採れる食材は、体を温めてくれします。また、秋から冬にかけて採れる野菜は水分が少なく、硬く実が充実しているものが多いので、これも体を温める食材です。

カボチャのポタージュレシピ
西洋ではハロウィンに大活躍するカボチャ。日本では冬至に食べますね。豆乳と合わせて、気軽に摂れるポタージュにしてみませんか?

【材料】
カボチャ 1/4個
タマネギ 1/4個
豆乳  200cc
塩・コショウ 適宜
【作り方】
1:カボチャはふかしてから皮をむく。

2:タマネギはすりおろして、オリーブ油で透き通るまで炒める。

3:1と2をすり鉢で合わせ、豆乳を少しずつ加えて合わせ、好みの濃さに溶く。

4:3を鍋に移して火にかけ、塩・コショウで味を整える。

ライター:幸雅子
出典:『骨盤セルフケア』/「保温食材で体内から冷え解消」「体の大敵「冷え」とサヨナラする方法」
監修:川島朗/東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授。東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長。東京女子医科大学腎臓病総合医療センター内科&血液浄化療法科准教授。東京女子医科大学附属青山病院准教授。血めぐり研究会代表。

RECOMMEND