Food

その食事、本当にあなたに合っていますか?いつもむくんでいるのは食事のせい!?

2018/11/25

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。20代のころにはボディビルの大会で準優勝するほどハードに鍛えていましたが、今はゆったりとヨガを楽しんでいます。今回は、強い信念で続けていた食事法で健康を損なった、真理先生自身のお話です。

頑張って続けていた、自分に合わない食事法

美と健康への意識は以前から高い真理先生ですが、自分に合った食事を見つけるのは大変でした。

「健康法って、いろいろあると思うんですよ。本当に私も一時期、わからなくなっちゃって。玄米菜食も、酵素ドリンクも、甘酒などの発酵食品も、体によかれと思って摂っていたんです。かと思えば糖質制限をしたりとか、いろいろな食事法をしていたけれども、どれも合わなかったんですよ」

「私は今鍼灸師ですけれども、もともと自分自身の体が弱くて、小さいころから病弱でした。肌もニキビだらけだったし、髪もツメも悪かったし、体はあちこち悪いところしかなかったので、健康に憧れていた。常に不健康な状態が当たり前で、本当に一番絶不調の時に玄米菜食に出会っているんですね。それで、『これだ!』と思って始めた。だから元から悪かったので、さらに悪くなったことに気がつかないんですよ。『これをちゃんとやらないともっと悪くなる』という恐怖もあったし、『これさえやっていれば絶対健康になる』という強い信念の下で、7年も8年も頑張って玄米菜食をやっていたんですけど、やっぱり、体はすごく悪かったんですね。でも、昔から悪かったから気がつかない」

タンパク質が不足していた

「それで副腎の検査をしたら、極度の副腎疲労を起こしていて“燃え尽き症候群”の一歩手前になっていたんです。それからもう一つ、貧血の検査をしました。分子整合栄養学(血液検査のデータから、細胞を構成している分子の乱れを、栄養状態を正しくすることで整える)という、ものすごく細かく血液を見ていく検査です。そうしたら、重篤なアルブミン(タンパク質)不足だったんです。お医者さんに『こんなに少ない人、見たことない。これだけ少なかったら、むくみませんか?』って言われました。『むくみます。むくんでいない日はない、朝からむくんでいます』って答えたら『こんなアルブミンでよく生きていたね』って言われて…」

健康になろうと真面目に取り組んでいた真理先生、でも当時は努力の方向がちょっと間違っていたようです…次回は、今の元気できれいな真理先生になるまでのお話です。

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE