Food

ダイエット食として大人気のサバ缶は”この時間”に食べれば効果アップ!

2018/12/21

まだまだ目が離せない!サバ缶ブーム

「2018年 今年の一皿」(byぐるなび総研)に選ばれたのは、サバ!選ばれた最大の理由は、YOLOでもたびたび取り上げている「サバ缶」の大ブームです。

サバに含まれるEPA・DHAなどのオメガ3はダイエットや生活習慣病予防などに力を発揮することから、健康のためにと食べる人が続出。スーパーの缶詰売り場では、今でもサバ水煮缶の場所だけが空っぽになっていることも珍しくありません。

サバ缶の健康効果はすでに浸透しつつありますが、最近では、ある実験結果から、より効果的な摂り方に注目が集まっています。その食べ方とは…?

「何を食べるか」、「どう食べるか」だけでなく、「いつ食べるか」も大切

サバ缶の健康効果のカギを握るのはEPA・DHAです。特にオメガ3の一種であるEPAは、〝痩せホルモン〟GLP-1の分泌を促進する働きがあるため、取り入れるだけで痩せやすくなると言われています。この効果自体は、どの時間帯でも期待できます。

ところが、近年の研究で「EPA・DHAの吸収率は時間帯によって変わる」ということがわかってきました。

マウスを使った実験では、EPA・DHAを朝に摂った場合、夜に摂った場合を比較すると、朝のほうが格段に血中EPA濃度が高くなり、脂質代謝の改善も見られたのです。つまり、サバ缶は朝食で摂ったほうがより効果的!というわけです。

〝朝サバ缶〟で筋肉量がアップ!

「忙しいから朝はトーストオンリー。会社帰りにトレーニングをして、夜にサバ缶を食べればOK!」と思っているなら、ちょっと待って!サバ缶を夜に食べるのはもったいないと思いませんか?EPA・DHAは吸収効率がよい朝の時間帯に摂るのがベスト。そう、トレ女なら〝朝サバ缶〟!

〝朝サバ缶〟で期待できる効果は、ダイエットだけではありません。サバ缶にはタンパク質が十分含まれています。タンパク質は筋肉の材料となる大事な栄養素ですが、あわただしい朝は、つい抜いてしまいがち…。昼と夜に十分摂っているから大丈夫と思われるかもしれませんが、朝もしっかりタンパク質を摂り、1日3食均等にタンパク質を摂ったほうが筋肉量がアップし、よりアクティブに行動できるという報告もあります。

【5分でできる!〝朝サバ缶〟レシピ】

サバのレモンチーズトースト

【材料】(1人分)

サバトースト

ライ麦食パン(6枚切)…1枚

サバ水煮缶…1/2缶(約100g)

クリームチーズ…適量

レモン(国産)…スライス1枚

黒コショウ…適量

【作り方】

1:食パンをトーストする。

2:トーストにクリームチーズを塗り、ほぐしたサバの身、イチョウ切りにしたレモンをのせ、コショウを振る。

トーストにのせるだけだから、これなら忙しい朝も作れそうですね。レモンとクリームチーズの酸味でさっぱりと食べられます。コショウをたっぷり振ってどうぞ!

撮影:野口祐一
ライター:藤岡操(栄養士)/編集者、フードコーディネーター、栄養士。雑誌、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE