Food

まさか、ダイエット飲料!?トレーニング前のブラックコーヒーで脂肪が燃える!ってホント?

2018/12/25

コーヒーで痩せるって…ウソ? ホント?

「コーヒーはダイエットにいいらしい」。誰でも一度はそんな言葉を耳にしたことがあるのでは?でも、それってホント?ただのウワサ?よくわからないまま、なんとなく飲んでいる人も多いようです。

さらに最近では「トレーニング前にコーヒーを飲むと脂肪が燃える」というのが話題に!はたして、その真偽は…。

コーヒーに含まれるカフェイン、クロロゲン酸に注目

コーヒーがダイエットによいと言われる理由は、含まれているカフェイン、クロロゲン酸による脂肪燃焼促進作用によるものです。

クロロゲン酸は、コーヒーの生豆から発見されたポリフェノールの一種で、多くの研究で抗酸化作用、脂肪の吸収抑制、燃焼促進、血糖値の上昇抑制作用などが認められています。

カフェインは、かつては「飲みすぎるとがんになる」などのウワサもありましたが、今では抗がん作用も認められるほど、優れた健康効果があることがわかっています。さらに、中枢神経の興奮、覚醒を促す作用のほか、脂肪の燃焼促進、利尿作用もあります。

つまり、コーヒーによるダイエット効果は間違いなし!特に「ポリフェノールとカフェインの相乗効果」はコーヒーならでは。体脂肪を減らすだけでなく、利尿作用もあるので、むくみの改善にも有効です。

しかし、ただコーヒーを飲めば痩せるというわけではありません。飲み方にもコツがあるので、ぜひ押さえておきましょう。

【飲み方1】
トレーニング1時間前のブラックコーヒーで、脂肪が燃える!

コーヒーを飲んで30分ほど立っているだけでも脂肪燃焼効果を得られることがわかっていますが、脂肪燃焼効果を最大限に生かすなら、コーヒーを飲んだ後に運動するのが一番!特に効果が発揮されやすいのが、「トレーニングの1時間前のブラックコーヒー」です。

例えば、食事の後にコーヒーを飲み、20~30分後にトレーニングをした場合、血液中にある糖質がエネルギー源として使われます。つまり、脂肪の燃焼は後回しに…。

一方、食後にコーヒーを飲んで1時間後になると、血中の糖質量は低下し、代わりにコーヒーに含まれるカフェインによって血液中に脂肪酸が増えてきます。このタイミングで運動をすると、血中の脂肪酸が使われるので体脂肪減少が加速!効率よく脂肪の燃焼が進むのです。

インスタントコーヒーでも、カフェインが含まれているものなら同じ効果を得られます。ただし、砂糖をたっぷり入れたものはNG!食後に余分な糖質を上のせすると、糖質の代謝に追われて脂肪の燃焼に手が回らなくなり、効果が減少…。

ちなみに、「食後のコーヒー」にもちゃんと理由があります。コーヒーに含まれるタンニンという成分が鉄の吸収を妨げるため、食事の前や食事中に飲むと鉄不足に陥る可能性が高まるから、健康のためには避けるべきなのです。鉄はスタミナアップや疲労改善に欠かせない成分。トレーニングをするにも、やっぱり食後のコーヒーが正解なんです!

撮影:野口祐一
ライター:藤岡操(栄養士)/編集者、フードコーディネーター、栄養士。雑誌、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。

RECOMMEND