Food

混ぜて丸めるだけ!トレーニング後の回復に〝味噌玉〟が便利!

2019/01/13

トレーニング後に味噌汁がいい理由

「トレーニングの後、何を食べるべきか」は、体作りに励んでいる人なら、誰もが気になる重要な問題。何を取り入れるかによって、トレーニングの効果をしっかりと生かせるか、はたまたムダにしてしまうかの別れ道です。

トレーニング後、まず摂るべきは水分。トレーニングの内容や目的によって、牛乳、プロテインドリンク、オレンジジュースなど、使い分けている人もいるでしょう。もちろんどれも間違いではありませんが、どれにしようか迷っているなら、味噌汁を取り入れてみてはいかが?

味噌汁は、アスリートの食事にもよく取り入れられている優秀なメニューの一つ。運動によって失われた水分、ミネラル、タンパク質などをスピーディにチャージできるのが、最大のメリット!さらに、運動後の体を冷やすことなく保温してくれるのも魅力の一つです。

でも、トレーニング後、すぐにお鍋で味噌汁を作るのはちょっと面倒…と思いますよね?そこでオススメしたいのが、作りおきできる〝味噌玉〟です。

〝味噌玉〟って何?

味噌玉とは、味噌にかつお節や顆粒だしなどを混ぜて1食ぶんずつ丸めた、味噌汁の素。お湯を注ぐだけで味噌汁ができる、インスタント味噌汁です。

お湯を注いで…

混ぜれば完成!

味噌玉の作り方

材料(作りやすい割合)
味噌…小さじ2
かつお節…小さじ1(または顆粒だしの素…小さじ1/2)
好みの具…各適量
いりごま、乾燥わかめ、麩、高野豆腐、切り干し大根、ショウガ、海苔、青海苔、
乾燥ねぎ、とろろ昆布、梅干し、素干し桜エビなど

1:味噌にかつお節を加えて混ぜる。これがベース。

2:好みの具を混ぜる、またはまぶして丸め、ラップで包む。

*冷蔵で1週間。冷凍で数カ月間保存可

具は水分が少ないものなら、何でもOK。大豆が原料の味噌にはタンパク質が含まれているのもうれしいメリット。タンパク質を強化するなら、小さくカットした高野豆腐や小さなお麩、スライスしたちくわなどを加えるのもあり。時間がある時にまとめて作って保存しておけば、トレーニング後にすぐ味噌汁!トレーニングデーは、携帯用の保温マグやジャーに味噌玉を入れて、お湯を注いで持参するのもいいアイデア。

味噌汁のダシの香りはリラックス、疲労回復効果も期待できるので、ぜひお試しあれ!

写真:藤村のぞみ
ライター:藤岡操/編集者、フードコーディネーター、栄養士。雑誌、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE